元底辺エンジニアが語る、エンジニアとしての生き様、そしてこれからの生き方

生き様033. 専門用語はキライです

»

IT関係者=聞き慣れない横文字を使う人?

IT関係といえば、
「専門用語をバリバリ使って、ユーザーには理解できない会話をする人」
というイメージがある気がします。偏見かもしれませんが。

かくいう僕自身も、IT関係のド真ん中でお仕事をしている身ですから、
技術用語を多く使う会話をします。

ですが、正直技術用語は苦手です。
そして、それはレアケースだと思います。

一方で、相手に馴染みのない技術用語/専門用語を会話で使ってしまう、
技術者側の気持ちも良くわかります。

今回は、「何故、相手に伝わらない専門用語を使ってしまうのか?」
という心理を探ってみたいと思います。


何故専門用語を使わないのか?

僕が専門用語を使わない理由はシンプルです。

「馴染みがないから、自分の伝えたいことを表現できない」です。

自分で言うのもアレですが、僕はおよそ感覚で喋ってます。
別の言い方をするなら、インスピレーションで言葉を選んでいます。

なので、自分の中でしっくりこない言葉は使わない様にしています。
文章を書いている時も同じです。

自分が伝えたい事柄を、自分がしっくりくる言葉に乗せて書き出した後、
伝わりやすい言葉に書き換えています。

その中で、言葉の意味を調べて直したり、語尾や言葉のつながりを直すことをしています。

結局

  • 言葉に馴染みがあれば使う
  • 言葉に馴染みがなければ使わない

この程度の区分けですね。

あと、加えるのなら「似たような言葉が多くて紛らわしい」とか「英文字○文字の用語は言葉から意味が推察しにくい」からイヤだという事もありますが。


何故専門用語を使うのか?

これまたシンプルです。

「自分の伝えたいことをシンプルに伝えられる言葉」だからです。

専門用語や技術用語は、端的に状況や状態、それに対応する手法を現す言葉です。

  • ロックダウン → 緊急時の安全確保を主な目的とした隔離措置
  • DDD → ドメイン駆動設計 → ビジネスのドメインに注目し、モデル化したドメインを中核に(以下略
  • ダイバーシティ → 多様な人材を積極的に活用しようという考え方

見事に長い言葉が圧縮されています。

自分が理解している用語を使った方が、圧倒的に短く、そして誤解がなく発信する事ができます。
この様に自身が発信する事にだけ注目すれば、積極的に専門用語や技術用語を使うべきでしょう。

ですが、その専門用語には、一つの大きく致命的な欠点があります。
それは、相手もその言葉を理解していないと意味が通じない事です。

専門用語は、相手も理解してる場合、もしくは理解しようと、その言葉の意味を調べてくれるケースでしか通じません。


発信するのか、伝えるのか

ここから先は、僕の中でもうまく整理ができていない部分になります。

世の中には「発信する事を目的」とする人と「伝える事を目的」とする場合の2種類があります。

前者は、政治家や宗教家が該当するでしょう。
後者は、ほぼ全ての人達です。

普段の会話の中では、相手に理解して貰わないと話が進みません。
極端な例だと、ニュースではなるべく難しい言葉や、曖昧な言葉は避けて、明確な言葉を使用しようとしています。
その為に「バールのようなもの」という奇妙に聞こえる言葉が生まれるわけです。

対して、政府広報や指導者の発言には、難解で特別な用語を使った発言が多いです。
これは、限られた発信リソースを有効に利用し、中間の受け取り者に分かりやすいように変換して、さらに多くの人に伝えてもらう事を委ねている、と考えることができます。

ですから、「政治家の○○さんはいつも言葉がわかりにく」との様に責めるのは、お門違いなケースもあるのではないか?と考えています。

どちらが優れている、という話ではなく、
状況や立場により、発信に注力する場合と、伝えることに注力する場合
この2種類の状況で、言葉の使い方が変わるのだ、と考えています。


今回のまとめ

専門用語は、基本馴染みのない所からスタートするので、
自分の中でしっくりきて「この状態を現す言葉はこれしかない!」という状態になるまで、使いません。

それでも、専門用語を使った方が圧倒的に会話が楽になるのであれば、自分が理解している言葉の範囲で使っていくでしょう。

それが、現時点での僕の専門用語や技術用語に対する向き合い方です。

あなたは、言葉にどう向き合いますか?


おまけ

そういえば、最近テレビやネットニュースで聞き慣れない専門用語を耳にする機会が増えていますね。
アレには「相手がよく分からない言葉を使って、耳目を集める」という効果を狙っている節もあると感じます。

よく分からない言葉に出会った時は、言葉自体の意味ではなく、その言葉を通して何を伝えたいのか?
そういう文章の本質に注目したいものです。

ただ単純に、聞き慣れない言葉の羅列をするのが大好きな人も、一定層居るのですが…(遠い目

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する