元底辺エンジニアが語る、エンジニアとしての生き様、そしてこれからの生き方

生き様022. フリーランスになるのに必要なもの

»

フリーランスになりたいですか?

前回、フリーランスはオススメしないと言いました。
ですが、それだけで終わるのもどうかな?と考えていました。

丁度昨日、ひでみさんが「53歳のハローワーク」というタイトルで記事でフリーランスITエンジニアの苦労もお話されている事ですし。※1

今回は
フリーランスITエンジニアに必要だと思われていそうなもの」と
白栁がフリーランスITエンジニアになるのに必要だったもの
についてお話しようと思います。


必要だと思われてそうなもの(白栁調べ)

皆さんは、フリーランスになるのに何が必要だと思いますか?

  • 技術力
  • 営業力
  • 経営力
  • 資金力

僕はフリーランスに必要なのは、大体この4つだと考えていました。

それぞれについて詳しく説明する必要はないかもしれません。
なのでちょっとだけ触れておくと

  • 超絶スペシャル技術持ちなエンジニア
  • スゲー抱負な人脈 or バシバシ決まる営業力
  • 在宅案件バリバリなお仕事受け
  • 月百万とかヨユーで稼ぐ!

みたいなのがフリーランスITエンジニアだと思ってました。
常駐案件?うん、そういう人も要るよね。


必要だったもの

では、実際に必要だったものを挙げていきましょう。

  • なし

本当に、びっくりする程、なんも特別なものは必要なかったです。
流石に「何もなかった」だと嘘になるので、実際に使ったものを紹介します。
ただし、どれも「必要だったわけではない」ものばかりです。

  • 1ヶ月分の生活費ぐらいの、事業準備資金
  • 開業の為の手続き関係(知識とか、書類とか)※2
  • 仕事

そして、これらは大体半年ぐらいで用意しました。
用意できたのは、ぶっちゃけ【運】が良かったからです。

なので、多くの人には参考にならない、というか参考にしちゃいけないタイプです。
他の誰かが、僕と同じ状況でフリーランスになることを考えていたら、絶対止めます!!


フリーランスになることは難しくない、なった後が難しい

僕のケースはレアケースです。
良い子でなくても、真似したらダメなヤツです。

ですが、フリーランスITエンジニアになる事は、これぐらい簡単な事なのです。
開業届等の手続きも、必須ではありません。※3

僕自身、フリーランスになる前に考えていた事は「なった後のこと」です。
たまたま、前にお仕事をしていた縁で常駐の案件の仕事を頂けました。
ですが、その案件が終わった時、次の仕事をどうやって決めるのか?
怪我や病気で仕事ができなくなったときに備えて、貯蓄をどうするのか?
資金の管理は?税金の扱いは?税理士に依頼する? etc…

なる前より、なった後の方が問題が多いのです。
その辺りは、冒頭で紹介したひでみさんの記事、そして一つ前の記事も合わせて読んでいただけると、その片鱗が感じ取れるでしょう。

最初に挙げた「技術力」「営業力(人脈)」「経営力」「資金力」は、
続けるために必要なものだと、今の僕は考えています。

「なった後の方が大変」なのは、フリーランスITエンジニアに限らず、どんな職業でも一緒です。
プロスポーツ選手、アイドル、Youtuber、声優・俳優 etc…
その大変さの内容はそれぞれ違うでしょうけれど。


今回のまとめ


おまけ:何をするにも覚悟

なるのに必要なものはない、と言いましたが、実は一つだけあります。
それは【覚悟】です。

ただし、それは勝手に一人で決めるものでは有りません。
周りをよく見て、周囲の人の話をよく聴いて、その上で自身で決断した覚悟であるべきです。

僕はそうしました。 いつか、そういったお話もでしたいな、と考えています。




※1:記事番号が「53」なの、オレでなきゃ見逃しちゃうね!


※2:開業freeeさんに、大変お世話になりました!


※3:必須な手続きは「健康保険」「国民年金」の手続きだけです。
これらは絶対に忘れてはいけません!



おしらせ

2020年2月24日(月・祝)に行われる『Object-Oriented Rejected Conference 2020 [非公式]』で登壇します。
しかも一番手!!(※申し込み順です)

オブジェクト指向の初心者に向けた、もしくはオブジェクト指向への再入門になるようなお話をしようとしています。
他にも、魅力的な登壇者さんが登場しますので、是非お越し下さい!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する