元底辺エンジニアが語る、エンジニアとしての生き様、そしてこれからの生き方

生き様021. フリーランスはオススメしない

»

フリーランスエンジニアの白栁です

フリーランスになってもう5ヶ月が過ぎようとしています。
最近「キャリアチェンジして他業界からIT業界に入って、フリーランスとして活動している」という方のお話をちらほら耳にします。

正直、一年前の自分は「フリーランスエンジニアにはなりたくない」と考えていました。
そういう人間が何故、現在フリーランスで仕事をしているのか?
白栁の考える「フリーランスに向いてる人/向いてない人」のお話をしようと思います。


フリーランスになりたくなかった理由

まずは「何故フリーランスになりたくなかった」のか、からお話しなければいけないでしょう。 大きい理由から小さい理由まで、いろいろな理由があるのですが

  • 営業のアテがない
  • 収入が安定しない
  • 全てにおいて自己責任
  • 経営、めんどい

経営、めんどい。※1

生き様011でお話した様に、過去に「個人経営の店のお手伝い」をしたことがあります。
ですから【経営の大変さ】というのは片鱗ではありますが、体験しています。
その後、マネジメントを学ぶにあたって、経営の基礎的な勉強もしました。
そして…

結論:経営、めんどい。

特に、今、確定申告でヒーヒー言ってます!
これも、めんどくさいことの一つですね。


フリーランスになってしまった理由

フリーランスになってしまった理由は、シンプルです。

単純に「やりたい事を全力でやろうとしたら、個人事業主が手っ取り早かった」だけです。
めんどい事を受け入れても、やりたい事を、「エンジニアカウンセラーとしての活動」をしようとしたら、独立するしかなかったのです。

他にも、丁度去年の今頃に、チャレンジする人の姿を多く見ることで勇気付けられた、という点もあります。
ただそれでも、フリーランスとして仕事をしていく所までは考えていませんでした。

半年ぐらい掛けて、色々な人に話を聴いたり、自分のやりたい事を実現する他の方法を模索してみたり。
色々と試した結果、結局「フリーランスになるしかないな」という結論を得て、
そして色々な出来事が運良く(悪く?)重なった結果、フリーランスになってしまいました。


フリーランスに向かない人

フリーランスエンジニアに限らず、ITエンジニアに多い仕事は「常駐型」の仕事です。
僕は「常駐型の仕事だけで食っていくつもりなら、フリーランスになる必要、ありますか?」と問いたいです。
それなら、派遣や正社員でも一緒じゃないでしょうか?

なので、白栁の考える【フリーランスに向いてない人】の条件は、一つだけです。
「自分自身で、自分の仕事をコントロールする事ができない/する気がない人」は、フリーランスに向いてないと考えています。

逆に
「自分自身で、自分の仕事をコントロールしたい」
「会社員ではできない働き方をしたい」
という人は、
【フリーランスに向いてる】もしくは【フリーランスになるしかない】と考えています。


番外編:リモートワークしかしたくない人

稀に耳にする話で「自宅で、好きな時間に好きなだけ仕事したいから、リモートワーク以外したくない」という人がいます。
もう少し多い話だと「家庭の事情で、一般的な労働時間で働くことができないが、リモートワークならできるのでは?」と期待して飛び込んでくる人もいらっしゃる様です。

僕の所感ですが、リモートワーク案件、そんなに多くないです。
「ある所にはある、でもありふれてる、というレベルではない」と感じています。

僕が発注者であれば、リモートワークで仕事をして貰うのは、とてもリスクが高い、と判断します。

  • 期日までに仕事が完了されないリスク
  • 要求したレベルの成果物が納品されないリスク

満たされない場合、発注者側のビジネスに大きく影響してしまうリスクです。

社員に対しては「管理」という方法でリスクの軽減が可能です。
ですが、主に「業務委託契約」となるフリーランスに対して「管理」はできません。
発注者側がフリーランスに対して、これらのリスクを軽減するのは「技術」と「信用」でしょう。
「技術」と「信用」が

リモートワークが増えている昨今。
フリーランスエンジニアもリモートワークが当たり前!となる世の中は、まだ遠いと感じます。



※1:大事なことなので二度言いました



おしらせ

2020年2月24日(月・祝)に行われる『Object-Oriented Rejected Conference 2020 [非公式]』で初登壇します。
しかも一番手!!(※申し込み順です)

まだまだ席に余裕があるそうなので、是非!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する