元底辺エンジニアが語る、エンジニアとしての生き様、そしてこれからの生き方

生き様018. 新年の抱負と豆腐

»

新年のご挨拶

新年、あけましておめでとうございます。
今年もエンジニアライフと一緒に、「コレざま」も宜しくお願い致します。


昨年の振り返り

ここで僕の2019年をサラッと振り返ってみましょう。

  1. エンジニアカウンセラーの活動開始(1月)
  2. 会社を辞めてフリーランスになった(9月)
  3. エンジニアライフで『コレがワタシの生きる様』の連載開始(9月)

大きな所ではこんな感じです。
この中で2019年の抱負に入っていたことは、(1)と(3)だけです。
とはいえ、(1)については「思い立ったが吉日」的な動きでしたし、
(3)については8月目標が9月にズレている為、計画通りとは言えませんね。


2020年の抱負

ということで、2020年の抱負を。

  1. 人に教える活動をする
  2. youtubeデビューする
  3. 2020年を生き残る

既に幾つかは2019年から仕込みを開始している訳ですが…
でも特に、3番目、マジ大事
半分以上会社員だった2019年は、放っておいても生きられましたが、
フリーランスになった2020年は、しっかり考えないと生き残れない!
無事に2020年12月31日にコラムを上げることができる様に、しっかりと生き残りたいと思います。


抱負の重要さ

自分が「何をしたいか?」を知ることはとても重要です。
その為には、しっかりと「振り返り」をしなければいけません。
「振り返り」については、高橋さんのコラムあべっかんさんのコラムで、それぞれの角度から取り上げられています。
その為、このコラムでは特に取り上げも深掘りもしません。
ただ、どちらも『第398回』となっているのは興味深いですね!

その振り返りを基に立てる計画、つまり抱負は、現実的なものになっている事でしょう。
しかし、ここでとても大切なことがあります。
それは「抱負は絶対に守れなければいけない事ではない」という事です。

計画は硬い(現実的)な方が良いでしょう。
その一方で、柔軟に変更できる柔らかさが大切です。
どうしても実現できないなら、それはそれで仕方がないことだ、と割り切ることです。


まとめ

新年の抱負」と掛けまして
味噌汁の豆腐」と解きます
その心は
どちらも「適度な柔らかさが必要」でしょう




おしらせ

2020年2月24日(月・祝)に行われる『Object-Oriented Rejected Conference 2020 [非公式]』で初登壇します。
しかも一番手!!(※申し込み順です)

まだまだ席に余裕があるそうなので、是非!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する