元底辺エンジニアが語る、エンジニアとしての生き様、そしてこれからの生き方

生き様032. 本当に何も書けない時の話

»

無題

「書けない時」というか、現在進行系のお話です。
ここ半年程、毎週木曜日の朝8時半に記事を公開する事を習慣としてきました。
それは、僕自身が、僕自身とした約束です。

結構際どい時も何度かありましたが、概ね書き上げてきました。

それも、32回目ができなさそう、という状態になってしまいました。
といいつつ、コレが公開されているので、実際はできているのですが。

ということで、今回は緊急回避的に
「今起きている僕の中の動きを探ってみた結果をネタにしよう」
という訳です。


原因の自己分析

結論から言います。
どうやら、僕は「コロナ疲れ」という状態にある様です。

「様です」と曖昧な表現になるのは、僕は医者ではないから。
状態を診断し、病気の名前を付ける事ができるのは、医者だけです。

ですが、過去の色々な経験から、この状態に一番合いそうなステータスを探してみると
どうもこの言葉がしっくり来るのです。

加えるなら、一種の燃え尽き症候群もあるのかもしれません。
前回まで、ちょっと大きな事をやっていた、という自覚がありますので。


現在の状態

連載を始めた頃から、ネタのストックは幾つかあります。
2本程、途中まで書き溜めていたネタもありますし、
今回用の原稿も全体の組み立ては終わり、半分ほど書き上げていました。

しかし、ピタッと、筆が止まってしまうのです。
ある時点から、話と話の隙間を埋める流れが見えなくなります。
「思考がまとまらない状態になる」感じです。

この状態には、覚えがあります。
この状態が酷くなると、何をする気も起きなくなってしまいます。

所謂、コロナ鬱という状態に、片足突っ込んでる感じがします。


鬱は誰にでも来る

7都府県に緊急事態宣言が出され、急にテレワークだ自粛だと、日常生活が一変した現状。
ネガティブなニュースばかりが飛び交う昨今。
この状態では、誰にでも精神的なダメージが、どんどんと蓄積されているはずです。

精神的なダメージは、容易に測ることができません。
気が付いた時には、限界を超えた堤の様に、一気に崩壊することもあります。

では、どうすればいいのか?

シンプルに、向き合い、寄り添うだけです。
自分の不安な気持ち、自分の感じているストレス。
これらに目を向けて、追い払らったり棚上げするのではなく、そういう自分を認めて、寄り添って下さい。
自分自身で向き合うのが難しければ、誰かに話を聴いてもらうのも良いでしょう。
こうやって、文字に起こしてみる、という方法もあります。

どうしても、そういう相手が見つからなかったら…
僕、エンジニアカウンセラー白栁にお声掛け下さい。

その辛さを知っている僕だから、寄り添えます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する