エンジニアでいかに稼ぐか?学校や会社では知ることができなった体験、経験を綴ります

意見を言ったら「ならお前がやれ」文化の処世術

»

こんにちは手塚規雄です。

会社でのあるある話。会議などで意見をいったら「じゃあ、それをお前がやってよ。」と切り返され、何も意見が言えなくなって意見が出なくなる。そんな話はどこの会社でも聞きます。私はこの文化はあまり好きではありません。でも、これを逆手に取る方法について、コラムにしました。

やりたい仕事にはあえて意見を出して、この言葉を待とう

ぜひやってみたい仕事というのはあるけれど、そんな機会に恵まれない場合はこの手法が便利です。常日頃からやりたい仕事に対する意見、批判、反論や対策の話をしていき、ここぞの場面で「ならお前がやれ」の言葉を引き出すことです。もちろん仕事は増えるのですが、そこはある程度我慢してください。

「ならお前がやれ」の言葉は「責任を取れ」「予算を取れ」などの意味も含まれていることが多いです。だからその直後に「やるのはOKですけど、もちろん任命責任でケツは拭いてくますよね?(責任をとってくれますね?)」と切り返すぐらい交渉術は必要です。そうじゃないと全部が全部自分の責任になってします。

「お前がやれ」を使って人を黙らせる人はこういう反論やツッコミをされることがありません。そのため反論に対する耐性がなく弱いことが多いので、このような切り返し技を知っておくと便利です。

やりたくない場合はしょうがないので黙る

意見や反論はしたいけど、面倒くさくなりそうだし、自分が嫌いな仕事はしょうがないので黙っておきましょう。やりたい仕事は口出すけど、嫌いな仕事は口を出さない。この傾向はすぐに上司にバレてしまいます。それでもやりたくない仕事はとにかく屁理屈こねて逃げまわるのも大事な一手です。

黙ることで我慢する脳がマシ、悪目立ちしても意見を言う方がマシ。人によって好き嫌いの違いはあると思いますので、個人的には言った者が勝ちの世界だとは思っています。

やりたくなかった仕事は実は役に立つ経験になることが多い

これは経験談なので個人差はあると思いますが、やりたくなかった仕事、突然指名された仕事ほど数年後に役立って返ってくることがあります。もちろん毎回そうなるわけでなく、絶対に二度やらないと思える仕事もあります。

ただやりたくなかった仕事というのはある程度共通認識で、他の人もやりたくない仕事です。そのためその経験が意外なほど重宝されたり、レアな技能を持つことで仕事に役立つことが多かったのです。完全にあとづけの結果論ですけど、そう思えることは少なくありません。

私は会社員時代にやった仕事が非エンジニア業で仕事として請け負うスキルになっているものもあります。まさに会社でスキルを盗んで自分の仕事にしてしまった例とも言えます。

「お前がやれ」から始まる仕事の経験

「お前がやれ」でやり始めた仕事の中には、経験が浅い時に自分自身が主体的にチームを作り上げて最初から最後までやるというものがありました。あまり経験できません。偉くなってから、課として部として、いざやろうと思っても、何から手を付けて良いのかわからなく戸惑うという話は少なくありません。

私の場合は本当に一から全部をやる、というレベルのものはありませんでしたが、企画や会社の戦略を考える仕事をやるのは若手のプログラマーとしてはあまり経験できるものではありませんでした。

なんでもかんでも社畜扱いだ!と批判せず、

逆に会社を利用してやる!ぐらいの思いを持って、本当に利用してやりましょう

よく会社を利用して、自分を高めようという話はありますが、私の場合は結果的に会社のことを踏み台にして退社しました。会社に社畜扱いされるなら、こっちは会社というシステムを最大限利用して、リスクを減らして最大限に経験を得てやろう。それぐらいの気持ちってかなり大事だと思いますけどね。会社の社員として定年まで生き抜くには。

私は平穏無事より波乱万丈を好むので、このような仕事のやり方をしています。しかし平穏無事に仕事をしたい方は、こんな仕事のやり方をやらないほうがいいのかもしれません。

------------------------------------------------------------------------------

コメント欄やTwitter(@noriwo_t)にて書いて欲しいコラムの題材をいつでも受け付けております。ただしその内容に応えられるかどうかはわかりません。基本的にコメント欄には私自身がコメントしないのですが、題材リクエストに関してはレスをすることもありますので、よろしくお願いします。

Comment(1)

コメント

通りすがりですいません(もはやフォロワー)

>やりたくなかった仕事は実は役に立つ経験になることが多い

そうなんですよね。
ここで思わずレベルアップすることが多いです。

しかもや終わってからのやりたい仕事に
対する欲求とモチベーションが凄いって
おまけも付いてきたり。

ただもう一度やるかって言われたら
絶対にやらんって思ってるわけで。

レベルアップしたけど覚えた呪文が二フラムでしたみたいな時なんかは特に。

>やりたくない場合はしょうがないので黙る

その場で全員これの時、何故かだいたい自分に回ってきちゃいます。

真っ先に絶対自分は嫌だとて言ってみても、
打合せ後に、やっぱりメンバーのスケジュール的に〇〇さんにお願いしたい
とか言ってきたり。。

自分の方がキツキツですけどって話なのに。

手は動かさなくていいから頭だけ貸してとか言ってくる場合は要注意。

このパターンはだいたい手を動かす人が決まってないから、
最終的にやらされるパターンになります。

決める場で黙るのも手段ですが、
あいつは簡単に仕事を引き受けない的な
日々のイメージ作りも大切かと思います。

やりたい仕事は手を挙げりゃ済む話ですし。

コメントを投稿する