吉政創成 代表取締役、PHP試験、Rails試験ビジネスOSSコンソーシアム・ジャパン主宰

生涯独身者、子供がいないひとは家を買おう。老人になった時に家が借りれなくなることも【第218回】

»

先日の日経新聞に2040年には日本人の1/4が75歳以上になりますと書いてありました。

長くいきたいと思う人はもしかしたら、良い時代になるかもしれませんね。全ては自分次第ではあります。

また同じ記事に2040年には75歳の独身者が500万人になると書いてありました。

結婚していても相方が無くなってしまうと独身者になりますよね。

老後の収入として年金のことを考える人もいます。

ちょっと脱線しますが、年金は払っておいた方が絶対にいいです。

補償はしませんが、断言できます。年金は破綻しません。

理由は破綻する前に仕組みを変えて、もらう金額が少なくなったり、受給開始時期が遅れるだけで、破綻はしないと思うからです。

ちなみにですが、仕事がなくなった時に、月10万とか20万円の年金があるかどうかってかなり大きいですよ。いろいろ計算するとわかると思いますが。

で、できれば個人年金や確定拠出年金もやっておいた方がいいです。理由は節税になった上に老後の収入になるからです。本当にお得すぎます。

さて、話を年金から、老後の住む場所の話にうつします。

生涯独身や、結婚していても子供がいない場合、賃貸だと保証していくれる人が見つかりにくく、家を借りにくくなります。

保証会社に依頼してもいいですが、お財布が痛いはずです。

家が借りれなくなると、老人ホームレスになります。

人によっては、友人老人宅をとまりあるくような人も出てくると思います。人間、住む場所が無くなり、追い詰められるといろんなことをするので、本当に気をつけたいです。転がり込まれても困りますよね。で、若手の皆さんはそうなる前に、手を打っておいた方がいいと思い、このコラムを書きました。

元気なうちに家を買っておくと、老人になった時、賃貸で借りれなくなるようなこともなく、とりあえず住む場所はある状態になります。

マンションだと、管理費や積立修繕費の話があるので、年金暮らしだと厳しそうです。そう考えると、戸建てがいいかもしれません。

あと水道問題もあるので、なるべく人が多いところがいいです。何を言いたいかというと水道破綻問題があるのです。人数が少ない場所だと、水道が破綻するか高額になるのです。

私の意見を書きましたが、皆さんいかがでしょうか?

いろいろな意見があるとは思いますが、老後は健康もお金も無くなるはずなので、何か手を打とうと思っても打てないことが多そうです。若い時から手を打っておかないと、やばそうな気がします。

私? 私は今2件戸建てを所有していますが、将来、マンションを貸して収入を得ようと思っているので、3年以内にマンションを都心に買うつもりでいます。頑張って貯めれば何とかなるかな。頑張れ俺!カミさんの老後は私の双肩にかかっているww ということでお互いに頑張りましょう。

追伸:こんな文章を書く、私はどんな生活をしているかと言うと、、、以下のFacebookアカウントやインスタを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

https://www.instagram.com/tokyofly04/
※Facebookのほうはキャリアネタのコラムをフォロワーに公開しています。
※プライベートはインスタを見るとわかります。

Facebookアカウント+とるに足らない情報を以下のTwitterアカウントで垂れ流しています。宜しければFollow下さい。

https://twitter.com/_yoshimasa

また私の近況は「吉政忠志」で検索されると大よそみえてきます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する