プログラマ、テスター、SE、PMなど、いろいろやってるオヤジです。

OSIの7階層モデルをパクって、コラムを書く7階層モデルを作ってみた

»

ネットワーク試験に必要なOSI7階層モデル

 秋の情報処理試験の日が近づいてきました。あと1ヶ月です。昔、ネットワークの試験を受けたとき、OSI 7階層モデルがでてきました。

  1. 物理層
  2. データリンク層
  3. ネットワーク層
  4. トランスポート層
  5. セション層
  6. プレゼンテーション層
  7. アプリケーション層

 の7つの層です。下の層が確立して初めてその上の層が使えるようになります。私がネットワークの試験に受かったのはもう15年以上前で、その後違う仕事をしてきました。でもこの七階層(だけ)はちゃんと覚えていました。

コラムを書くときも、7階層モデルで

 コラムを書くときも同じようなことが言えるのではないか、と私は気がつきました。そして階層モデルを作ってみました。

pyramid_abekkan2.jpg

 このエンジニアライフには、新しいコラムニストが毎年何人も登場します。でもその多くは長続きしません。10回も書かないうちに消えていきます。それはなぜか? それは土台ができていないからです。下の層ができていないのに、上の層でコラムを書こうとするから途中で崩れてしまうのです。

下の層の基礎をしっかり固めよう

 まずは下の層。日ごろからアンテナを張ってネタを仕入れる。そこから良いネタを選ぶ。そして一番重要なのが独自の視点で斬ることです。

 あとは自分が楽しみながら書く。ここまでできれば長続きします。そこに遊び心を加えれば楽しいコラムになり、ファンもできるはずです。

 下の層をしっかり作っていけば、いいコラムを書き続けることができる。そしてファンができる。という考えに基づいて、「ウケるブログの書き方講座」を実施しています。今週(9/21)もやりますので興味のある人は是非お越しください。

 無理やり七階層にした感も否めないあべっかんでした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する