いろいろな仕事を渡り歩き、今はインフラ系エンジニアをやっている。いろんな業種からの視点も交えてコラムを綴らせていただきます。

エンジニアは数字を意識するべきか

»

よくある経営者の言い分

「エンジニアもきちんと数字を意識して行動しろ。」と言う経営者は多く見かける。これに対して「だったらITもきちんと意識しろよ」と反論するエンジニアもよく見かける。こういう駆け引きを見ると、人間同士、互いを理解するのは大変だとつくづく思う。

私の席の前に座ってるエンジニアが言っていた。「エンジニアが会社の数字理解できたら、独立して仕事してるよ。会社にいるメリットが無くなるじゃないかww。」全くその通りだと思った。エンジニアとしての仕事だけでも大変だ。それにあわせて、経営者も納得なレベルで数字を語れるなら、独立して会社開いた方がメリットがありそうだ。

社員が数字を意識したとしてどれだけのメリットがあるだろうか。実際のところ、経営陣の居心地がよくなるくらいのメリットしか無いと思われる。自分の考えを理解してくれて、それを中心に話を展開してくれば、非常に居心地が良いことだろう。立場をエンジニアに変えたとして、みんなが技術のことを中心に話をしてくれれば、非常に居心地は良くなると思う。

多分そうなったら会社としての多様性は失われるだろう。工場のような単純作業であれば能率は上がるかもしれないが、会社組織でそれをやったら、新しい意見が出なくなって衰退していくことになるだろう。そもそも、数字を考えたところでエンジニアは結果に結びつかない。数字を追うより、コードの一つでも追っていた方が有意義だ。

数字を意識するデメリット

そもそも数字を意識するとはどういうことだろうか。考えてみると、意外とふんわりした言い分だ。経営者のいうところの数字とは、ずばりお金のことだ。エンジニアが仕事をしていてお金を触るのは、客先に出向いたときに精算する交通費くらいなものだ。意識しろと言ったところで、大したイメージは浮いてこない。

エンジニアに数字を意識しろというのは、経理にトークのセンスを求めるようなものだ。経理の人が人前で素晴らしいトークを繰り広げても、それはそれで素晴らしいかもしれないが、会社に何の利益も無い。エンジニアが数字を理解しようと、仕様上できないものはできないと答える。そういう技術的な根拠に基づいた答が覆ることは無い。

ちなみに私は、お金を数えるのが苦手なのでエンジニアになった。お金に関するセンスが低いので、これを仕事で扱ってはいけないと思っている。多分、私と似たような境遇の人もいることだろう。そういう人が数字を意識したところで、無駄に労力を消費してパフォーマンスが落ちる。業務を遂行する上でのノイズにしかならない。

人間のリソースは有限だ。ああして欲しい、こうして欲しいを全部追求したら、あっという間に底を尽きる。数字を聞かれて即答するというのは、想像よりも労力がかかる。有限なリソースを無駄に消費させるのは賢くない。そんなのは分かる人に聞けばいいし、知って欲しいなら文書で書いてみんなの前で説明すべきだ。ただ、それに何の意味があるかはよく分からない。

エンジニアの数字との向かい合い方

だからといって、数字に無頓着でもいろいろと問題はある。数字を意識して欲しいという意図は、数字に無頓着が故に被るデメリットを避けたいからだろう。数字に無頓着だと被るデメリットを避けるには、数字を追いかけるまでもなく、関心があるという程度で十分だと思う。

「エンジニアもきちんと数字を意識して行動しろ。」にしても、「だったらITもきちんと意識しろよ」にしても、相手に無関心なことが問題の本質だと思う。相手に関心が無ければ、お互いを理解して行動するという流れにならない。そうなると、会社という組織で行動するメリットが大きく損なわれる。

経営者がITを理解するにしても、エンジニアが数字を追いかけるのと同様に大変だと思う。大事なのは、経営者がITを理解するのではなく、関心を持つことだ。分からなければ、自分のそばにいるエンジニアに聞けばいいのだ。詳細を理解した上で行動するのは、あくまでエンジニアの役目だ。

経営者だろうとエンジニアだろうと、それぞれの役目を全うすれば十分だ。それに必要なのは、相手の技量やポリシーの共有ではなく、相手のやっている事への関心だ。関心があれば、同じテーマで話ができる。そうやって相手の考えを理解して、互いの役割を全うしていけばいい。同じ土俵に上がって張り合う必要も無いし、相手に自分の代行を求めるのも筋が違う。自分の代行が欲しければ、そういう役割の人を雇えばいい。

立場の違う人を理解する

会社の経営というのは、一人の人間が全てを把握するには複雑過ぎる。どうしても人に任せなくてはいけないパートが発生する。いろいろな事に精通して多くをこなせるのも大事だが、組織が大きくなるほど、人同士の連携が重要になる。少なくとも、かつての日本はそれを実現したから、大きく発展することができたのだ。

経営者だろうと、パート社員であろうと、人は人だ。それぞれが別の考え方で生きている。まず、それを認めた上で言葉を交わさないと軋轢が増える。相手に同じものを求めるより、自分の考えを明らかにした上で、相手の話を聞こう。単純に言葉と気持ちが流れればいいのだ。過剰に相手に合わせる必要は無い。

「エンジニアもきちんと数字を意識して行動しろ。」と聞くと、人同士が信じ合うのが難しい世の中になったと感じてしまう。そこまで言わなくても、意外とエンジニアは会社のことを気にしてくれている。何らか会社の利益にはなろうとしてくれている。そういう気持ちを上手くつなぎ止めて働いてもらうのが、経営者の役目だと思う。

いちいち数字を追わせなくても、対話ができてればベストな結果は導き出せるのではないだろうか。利害が絡むので、そんなに簡単な話では済まないのかもしれない。ただ、もうちょっと肩の力を抜いてもいいんでないかな。数字云々理解しろとかそういう問題より、高過ぎる仕事意識の方が問題だと思うのだ。

Comment(1)

コメント

みなみ

エンジニアが経営上の数字を理解すると、経営のレビューになったりはしないでしょうか?とすると、むしろ困る人が増えたりして…。むろん、健全さを目指すならむしろレビュー受ける方がいいですが。
逆も然りです。逆を考えるとわかりますが、中途半端が一番困るパターンになりそうですね。

コメントを投稿する