ピックアップ・エントリー

ラブレターでは自分の熱い思いを相手に伝えなくてはいけない。かといって自分が相手にあまり知られていないのに熱すぎることを書いては引かれてしまう。ほどよい書き方が大切だ。

好きです、だけでなく理由も必要だ。綺麗だから、とかいう理由では不十分。オリジナリティを持たせて、あなたのこういうところを見ていて好きになった、と書きたい。

新着エントリー

玄米茶
[気難しいプログラマ]
浅見 憲司
[It’s Party Time!]
Ahf
[地方からの戯言]
吉政忠志