常駐先で、ORACLEデータベースの管理やってます。ORACLE Platinum10g、データベーススペシャリスト保有してます。データベースの話をメインにしたいです

ORACLE MASTER失効するってよ

»

皆さんのORACLE MASTERのバージョンはいかがでしょうか?
10gだった場合、2016/2/29までに11gか12cにバージョンアップしないと失効になります。

■ORACLE MASTERって何?
 ORACLE社が、ORACLEデータベースの技能について認定する資格です。

■その特徴
 ・ベンダー系の資格にしては、メジャーです。

 ・資格レベルの表現が貴金属。
  ・Platinum
  ・Gold
  ・Silver
  ・Bronze
  危険物取扱者みたいに甲・乙・丙とかじゃないです。
  さすが、外資系です。オシャレ。
  もちろんPlatinumが最高レベルです。

 ・合格するためには、下位レベルから順番に受験する必要がある。
  例えば、いきなりGoldを受験することはできません。
  Bronze試験から順番に合格する必要があります。

 ・受験費用が鬼。
  今は1教科あたり、26600円です。
  もちろん上位資格に行けば行くほど、講習受けたり、実技試験があったりで、受験費用が跳ね上がります。

 ・ORACLEについてしか問われない。
  正規化とか、ER図とか、業務知識とか、そういった話は出てきません。
  出てくる問題は、あくまでORACLEに関することばかり。
  新機能についてや、パフォーマンスチューニング、起動停止、バックアップ方法などなど。
  IPAが行うデータベーススペシャリスト試験とは根本から異なります。
  実務でORACLEを使用してると有利です。

 ・試験がバージョンアップする。
  ORACLE自体がバージョンアップすると、試験も追随してバージョンアップされます。
  例えば、ORACLE12cがリリースされると、試験も12c対応のものが出てきます。
  つまり、同じGoldでも10gや11gそして12cのものが存在するということです。
  もちろん、最新バージョンの資格のほうが持っていて色々と有利です。

■失効ってどういうこと?
 ORACLEのサイトを見たり、有識者のブログを見て、以下のようなことが分かりました。

 「今後、ORACLE社としては、最新と認めているバージョン(※1)以外は、資格として認めないよ。」
  (※1)12cまたは11g

 ということです。

 私の場合、10gのORACLE MASTERなので、見事に失効の対象になっています。
 皆さんのORACLE MASTERのバージョンはいかがでしょうか?

 そういった資格に関するポリシーを作った理由として、ORACLE社としては、以下の理由を挙げています。
 
 「ORACLEデータベース管理者は、最新のORACLEテクノロジーの知識とスキルを持っていることが
  期待されているから、ORACLE MASTERの資格は常に最新を保っていなさいよ。」

 一理ありますが、バージョンが新しくなるたびに、取り続けるのは、お金がかかります、、、。

■失効しないためには
 10gの場合、2016年の2月29日までに、11gまたは12cにバージョンアップしないと失効してしまうそうです。
 
■失効するとどうなるの?
 資格として認めないとはどういうことかというと、

 「認定証や認定ロゴが使用できない。」

 といったことらしいです。
 分かりやすく言うと、名刺にORACLE MASTERロゴを載せちゃダメなんです。
 その他に、どういった不都合が起きるかは分からないですが、ORACLEが認めないということは、資格として、
 あまりよくないことだと思います。
 失効した古いバージョンのORACLE MASTERしか持ってなくても、職場の雑談なんかで「ORACLE MASTER持ってます!」と
 自称するくらいだったら問題ないと個人的には思います。
 ただ、何十年後かに、ORACLEが30zとかいうバージョンになってても、自分が持ってるバージョンが10gのままのだったら、
 それは、ちょっと恥ずかしい気もしますが、、、、、

■私がORACLE MASTERに掛けた金額
 ざっくり覚えている範囲で、私がORACLE MASTERを取得するのに使った金額です。

 ・ORACLE MASTER 9i Silver Ferrow
  2教科×15,000円=30,000円
 
 ・ORACLE MASTER 9i Silver
  1教科×15,000円=15,000円

 ・ORACLE MASTER 10g Silver
  1教科×15,000円=15,000円

 ・ORACLE MASTER 10g Gold
  1教科×15,000円=15,000円
  パフォーマンスチューニング講習=250,000円

 ・ORACLE MASTER 10g Platinum
  実技試験(2回分)(※2)×230,000円=460,000円
  RAC講習×450,000円=450,000円
  ORACLE Platinum特訓講習×250,000円=250,000円
  (※2)実技試験は、1回落ちました。なので2回分の費用です。
  
 足掛け6年掛かってます。
 教材代、旅費(地方在住なので実技試験や講習は東京まで受けに行ってました。)なども含めると、150万円は
 掛かっています。
 軽の新車と同じかそれ以上くらいです。
 我ながら、よく使ったなあと思います。

■ORACLE MASTER持っててよかったこと
 良かったことばかりです。
 これは、資格に対するお世辞でも何でもないです。
 あくまで、私の場合ですが、、、
 まず、今のデータベースエンジニアとして働くきっかけになったことですね。
 IT業界4年目で、特に得意分野もなかった私は、
 「何もかも人並みレベルなんで、いずれ仕事無くなるなー」と思ってました。
 じゃあORACLEどうかな、SQL少し知ってるし、と思って、試験受けたのがきっかけです。
 Silverを取得して、履歴書に書くようになってから、今みたいなデータベース管理者としての仕事に就くことが出来ました。
 そこから、苦労しましたが、データベース管理、運用、設計、構築する経験がもらえました。

とりあえず、失効しないように
 それだけお金を掛けた資格でもあり、思い入れがある資格なので、失効しないように12cGoldにアップグレードする試験を
 受ける予定です。
 それに、長い間10gの資格のうえに胡坐をかいていたなあ、という反省も少しもあるので。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する