これまでの経験で感じたことを、つらつらと述べていきます。

近江商人の言葉

»

日本って、世界の最先端と比べて、先進技術が遅れてるという、
危機感を煽る記事をよく目にします。

実際、そうだと思います。
※国外で仕事したことがないので、あくまで感覚ですけど。

でもですよ。
これって技術者にとってはチャンスですよね。

遅れているということは、
開発できる領域が広大に横たわっているわけで。

例えば小さな町工場。
例えば地方の個人商店。

1件あたりでは大きな収益は得られないでしょうが、
今やクラウドで容易にサービスが作れるわけです。

そして、砂金を集めるようにして、
最終的には大きな利益をえるチャンスがあるんじゃないでしょうか。

まさに金脈ですね。

ですが、顧客や自身の利益だけにフォーカスするのではなくて、
サービス導入によるブランド化でイメージアップを図る

「三方よし」

の精神を忘れないようにしたいです。

そうすることで、価値を上げることと、自分を見失わないことを、
両立できると思っています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する