ITエンジニアへの5分間キャリア・コンサルティングやってます!

第278回 7つの習慣のススメ3 -第1の習慣「主体的である」

»

 こんにちは、キャリアコンサルタント高橋です。

 今回は「7つの習慣のススメ」シリーズの3回目です。前回は7つの習慣を理解するための土台となるお話をさせていただきましたが、今回からは具体的に7つの習慣を1つずつご紹介させていただきます。まずは私的成功を得るための最初のステップである第1の習慣「主体的である」からです。

■主体的と反射的

 例えば、目の前に人がいるとします。その人がいきなりにボールを軽く投げてきました。あなたならどうするでしょうか? 恐らく、とっさにボールを取ろうとするかしれません。その「ボールを取る」という行為は反射的に反応しています。主体的とはその逆で自らの意思で行動することをいいます。

 この反応的、主体的については、以前「自分の天気を持つ」というコラムを書かせていただきました。この時のコラムを一部引用します。

 「自分の天気を持つ」とは自分の気持ちや感情を天気になぞらえ、気持ちや感情をコントロールすることを表しており、第1の習慣「主体的である」の中に出てきます。

(中略)

「私たちが感じる喜怒哀楽の感情は、私たちに起きた出来事に対して、私たち自身がそのように感じたいから感じている」

 私たちが怒ったり、笑ったり、悲しんだりするのは、私たちがそのようにしたいからです。再び、その時のコラムを引用します。

 しかし、この腹が立つ、怒る、嘆くといった感情は私がそうしたくて起こった感情です。これはどういうことか? このことを理解するために、部下へのモノの見方や偏見などを外して部下の行動をもう一度考えてみると、部下はただ私に資料を返却しただけなのです。その行為に対して善悪はありません。その行為に善悪を紐づけているのは他ならぬ私なのです。私が資料を返すという行為に対し「不遜だ」「仕事を拒否された」だと考えてしまったことによって、私が怒りや嘆きの感情が引き起こしたのです。

 もし、私が「資料をそのままの形で返さなければならない特別な理由があったのかもしれない」と捉えることができていれば、そこから生まれる感情は変わってきたかもしれません。

 すべての事象に対して感情を起こしているのは、外ならぬ私たち自身がそうしたいからやっています。だからこそ、私たちは自分の天気を持つ、いい方を変えるならば、自分の感情をコントロールする術を持つことができます。そのためには、刺激を反応の間にスペースを空けます。そして、「自覚」「想像」「良心」「意志」という人間だけに与えられた4つの能力を使い、行動を選択する自由を持つことが効果的です。

 例えば、怒りの感情を起こす何かの刺激があったとしましょう。その刺激に対して即反応するのではなく、一旦立ち止まり、考える時間をもちます。このとき「自覚」の考え方を使うならば、自分の状態を一歩引いた立ち位置で客観的に見つめ直してみることもできるでしょう。もし「想像」を使うなら、怒りに任せて行動する自分自身の姿がその後どのような影響を与えるのかをイメージすることができるでしょう。そうして、主体的な言葉を使い、目の前の事柄に対応していきます。このようにすることで、私たちは自分の天気を持つことができるようになります。

■関心の輪、影響の輪

 しかし、私たちが主体的であるためには、ただ闇雲に行動するのは得策とはいえません。そこで、7つの習慣には「関心の輪、影響の輪」という考え方があります。関心の輪というのは、気にかけたり、考えたり、話題にしたりすることはあるけれど、そこに対してコントロールできないと感じている事柄で、日常の天気、世界情勢などがあてはまります。影響の輪というのは自分自身が影響を及ぼし、コントロールすることができると感じている事柄で、職場の人間関係や5年後の自分などがあてはまります。そして、この関心の輪と影響の輪はこのような関係になっています。

no27801.JPG

 7つの習慣ではこの影響の輪にフォーカスし、影響の輪の事柄に対して主体的であることを推奨しています。そうすることで、自分の影響の輪が少しずつ大きくなり、関心の輪が少しずつ狭まってくるのです。それは自分の影響力を広げることにも繋がっていきます。

no27802.JPG

 そうしていくことで、やがて「流れを変える人」になることができます。流れを変える人とは、他の人の模範となり、他の人を強くポジティブ(プラスの方向)に成長させる人のことです。

 これらのことからコヴィ博士は、第1の習慣はすべての土台になる習慣であるといわれています。


 今回は7つの習慣の最初の習慣である「主体的である」を紹介させてもらいました。次回は第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」のお話をさせていただきます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する