常駐先で、ORACLEデータベースの管理やってます。ORACLE Platinum10g、データベーススペシャリスト保有してます。データベースの話をメインにしたいです

【個人的に好きな曲】移行作業編

»

大学1年くらいの時、毎週土曜日の夕方に電波少年という番組がやってました。
その番組で、ユーラシア大陸横断ヒッチハイクという企画がありました。
ヒッチハイクで、ユーラシア大陸を横切って、ロンドンまで行くという企画です。
当時無名だったお笑いコンビ猿岩石(有吉弘行、森脇和成)が挑戦していました。
私の通っていた大学の先生も観ていて、

「最近、面白い番組があってね。芸人の二人が貧乏旅行してるんだよー」

と授業中に教えてくれるのでした。
それで、私も観てました。

内容はよく覚えていないのですが、途中で資金が尽きて、旅を中断してバイトしたり、移動手段が何たって、ヒッチハイクなので乗せてくれる車に出会うまで何時間も掛かったり......
発展途上国の危険な場所にも行ったり......
とにかく過酷な旅だったと、おぼろげに覚えています。

今回紹介する曲が登場したのは、ヒッチハイクの旅も佳境に入ったあたり。

猿岩石がインドに居た時です。

爆風スランプ「旅人よ The Longest Journey〜」

tabi1.JPG

日本から、爆風スランプが応援歌を携えて、猿岩石を激励に行きました。
その応援歌が、この曲です。
曲はすごくストレートというかシンプルです。
ドラムのフィルインが疾走感溢れるシンプルなタム回しでかっこいいです。
ベースもブリブリいってて、更にいい。
今でも、ここ一番、例えば徹夜の移行作業の終盤なんかで、この曲を脳内再生して心を奮い立たせてます。
このCDには、テレビで放送されたアンプラグドバージョンも入ってます。
曲を演奏する前の、爆風スランプと、猿岩石のやり取り。
そして、演奏後、これからも旅を続ける猿岩石へ、サンプラザ中野からの激励の声も入ってます。
私は爆風スランプが演奏している最中に、感動のあまり猿岩石が泣いていると記憶していました。
が、時は流れ......改めて、youtubeの動画を観てみると、泣くどころか真黒な瞳で一点を見つめた猿岩石の二人が身動き一つせず聴き入っているではないですか......。
実際は曲が終わった後に泣いていた。
自分が感動するために記憶をすり替えちゃってました。
でも、動画を観た後は、泣く姿よりも聴き入っている姿のほうに感動してしまいました。
あと、シングルCDの裏には、4人の集合写真が。(後ろにはたくさんのインド人)

tabi2.png

猿岩石がなんで柔道着を着ているかは覚えてないです。
あと、顔がえらく精悍に見えます。
過酷な旅を乗り越えてきたからでしょうか。
これで、後ろに菩提樹とかあったら、何だかとても神々しい絵になってたと思います。

この企画が大当たりして、番組の視聴率も鰻登り。
猿岩石の人気は、ゴールへの向かうほど上昇していきました。
日本に帰ってきたら、CD出してバカ売れするは、旅行記も売れるわで、一躍時の人になってました。
バイト先の女の子もファンになってました。
でも、何となく、猿岩石がこの後、すぐ居なくなるのではないかという予感がしていました。
きっと、日本の全人口の1/3は思っていた。
それだけ、売れ方が急激でした。
それに、本来の芸人としてで売れたわけじゃなかったし......


ひと段落すると、大方の予想通り、猿岩石はテレビから居なくなりました。
たまにテレビに出ても、あの人は今的なノリで、一発屋としていじられていました。
まだ、当時は、今みたいに一発屋という過去を自称して持ちギャグに出来る時代でもなく、一発屋はしんどい時代でした。
だから、たまにテレビに出たことを切っ掛けに、出続けるようになることもありませんでした。

このまま、いなくなってしまうのかなとも思ってました。

でも、十数年後に、有吉弘行がこれだけ大物になるとは、全人口で100人も想像出来なかったと思います。

人生って分からない。

生きてたら、報われることもあるってことかな。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する