カナダの暮らし、現地IT企業でのエンジニアライフを紹介。

エンジニアのための英語豆知識4

»

「I am OOO(私は○○○)」

というメッセージを初めて見たとき、○○○に入る言葉は「ピアノ」かな、と思いました。昔そんな歌があったような。でなければ、性別をひらがなで「私はおんな」か、その逆か、あるいは中間の○○○とか。漢字3文字なら、「私は鬼検事」とか「私は悪代官」なども考えられます。

 前後の文脈から判断してみましょう。

「I am OOO now. See you next Monday.」

意訳すれば

「私は今○○○だから、来週月曜にね♥」


 うーん、今何がどう○○○なのか、すごく気になる……。

 という冗談はさておき、もうお気付きのように、「I am OOO」は「I am out of office」の略で、要するに上のメッセージはメールの自動不在通知です。上の例はちょっとくだけているけど、社内のメールでは、

I am currently OOO and will be back on Monday next week. I will respond to your message upon my return.(現在、不在中で、来週月曜日に戻ります。戻り次第お返事します)

ぐらいが一般的なようです。社外向けのメールなら、もう少し丁寧で、そもそも Out Of Office も略さないと思います。今のところ、社内向けのややくだけた表現でしか、OOO を見たことはありません。

 実際、OOO が本当に Out Of Office なのかどうかは、使った本人に確認してみないと分からないことであって、本当は Out Of Order(故障中)なのかもしれません。例えば、

I am currently OOO and not sure when I will be back.(私は現在こわれてしまっていて、いつ元に戻るか分かりません)


なら、病欠とも取れなくもない、かな?

Comment(2)

コメント

I am 000 って、サイボーグ009の仲間かと思いました(^_^;)

前回の「キャッチャー田淵」もこれも、なかなか面白い表現ですね。勉強になりました。

tom

OOOだとOOo(OpenOffice.org)ですね

コメントを投稿する