常駐先で、ORACLEデータベースの管理やってます。ORACLE Platinum10g、データベーススペシャリスト保有してます。データベースの話をメインにしたいです

声がでかいと伝わりやすい!?

»

最近、というか、ここ三年あたりで気づいたことがあります。

声が大きいと、相手に伝わりやすい

ということ。

■声が小さくて損したこと

私の場合、声が小さいです。

それは、腹から声を出さずに、喉だけで発声しているからだと思います。
無意識にしゃべるとそうなっているので、人からよく訊き返されることがあります。
そういうとき、もうちょっとだけ気持ちボリュームを上げて答えてます。
まあ、日常生活の雑談とかではそんな感じで、問題は無いです。

たまに困るのが仕事の時です。
特に会議の時とか、大勢で意見を出し合ってる時、声が小さいとスルーされやすい。
隣にいる人が聞き取ってくれるだけで終わりです。
スルーされたことによって、意見が採用されなかったと勘違いすることもあったりで、なかなか自分でも面倒くさいです。

あと、大勢の飲み会の時、一斉に皆しゃべってる中で会話に加わるとき。
ここでも声が小さいと、大概スルーされますね。


その昔、よく合コンに行ってました。
こんなことが良くありました。

気に入った女性が隣に座っていたので、勇気を出してメールアドレスを訊き出そうとしました。

「メ、メメ、メ、メールアドレス教えて、ほ、ほ、欲しいんですけど......」

女子3.jpg

ネギまに夢中の隣の女性に、意を決してメアドを所望したのですが、思いっきり訊き返されて気勢をそがれてしまいました。

緊張していてカミカミになってしまった上に、断られるかもと心配して声が小さくなってしまったのが原因だと思います。
あと、ネギまに夢中だったのも原因だったかもしれません。

ここ一番でこんなことでは、伝わる物も伝わりません。
押しの強さと声のでかさは比例するようです。


そんなこんなで、飲み会は少人数が好きだったりもします。

■ボイトレに行ってみた

兎に角、声が小さいと損をするということだけは、身に染みて理解してきました。

そんなこともあって、ボイトレ教室に体験入学して見たこともあります。

そこでは、

「あいうえおあおえお......」

という発声練習や、腹式呼吸をのコツを体験しました。
まず、エンジニアがボイトレ教室にまで通うことに意味があるのかどうかは、
私にはわかりませんが、それだけ何とかたかったということです。

ただ、翌日、伝わりやすい声になったか、大きな声になったかって言うと、そんなことは無かったです。

つまりは、手段や方法と言うよりも、日々大きな声で話すという意識が必要なのだということに気付きました。

そこで毎日、気付く限り、自分でも大きめの声を意識して出してみたりしたんですよ。
そうすると、周りが拾ってくれましたね。
ただ、自分で大きな声を出してると思っても、実は周りからすると小さかったりして、聞こえてないときがあります。
そんなときは、もう一段階自分の声を大きくして話直せば、届きました。
そのかわり、何だか喉がガラガラしてはいます。
慣れないことをしたからでしょうか。
とりあえず、うがいしました。
今は大変でも、慣れれば喉も強くなって問題なくなると思います。

■声が大きいということ

喉のガラガラを差し引いても、得と言うか効果はありますね。
要は、声がでかいって目立つってことなんですよ。
元から声の小さい私が、意識してでかい声を出して、その効果が実感出来たからかなりのメリットだと思います。
声がでかいデメリットとしては、自己主張が強すぎると思われることでしょうか。
まあ単純に、大きい小さいだけで、メリットやデメリットが決まるわけでは無いけど、小さいほうから始まった分、声の調節はしやすいです。

■ここからは蛇足

あと、語尾をはっきり言うと、もっと伝わるなと言う結果も出ました。
「○○かと......」
「○○だから......」
「○○では......」
なんか、尻切れトンボで終わらせると、自信ないと思われるんですよ。

そんなしゃべり方も、気付く限り直してみました。
「○○です!」
「○○でした!」
「○○でしょう!」
みたいな感じでスパッと言い切ると、聞き取ってもらっえたし伝わった感じがしました。

でも最後に、声が小さくても一生懸命さがあれば伝わります。

女子4.jpg

むしろ、人にお願いするときは、声の音量が控えめの方がいいかもしれませんね。
要は、話す相手や、状況に応じて声の大きさをコントロールできるようになれるのが、理想だと思いました。

そんな話でした。

Comment(2)

コメント

user-key.

確かにそれはある。
ただ、のどの手術をして囁くようにしか声が出なくなり、筆談用にA4サイズのホワイトボードを持ち歩くようになってからは、図入りで伝えるようになると、逆に伝わりやすくなった。

湯二

user-key.さん。

コメントありがとうございます。

A4サイズのホワイトボード、なかなかいいですね。
ハンズやLOFTなどで売られているのを、見たことがあります。
確かに、その場の全員がボードに注目してくれるし、結局、説明が込み入ってくると絵を描くことが多いですからね。

工夫の仕方は色々ありますね。

コメントを投稿する