社内SEの実態を公開

情シスあるある 企画編

»

情シスはシステムに関するあらゆることが降りかかってきます。誰かが企画し立案しないとプロジェクトが動き出しません。ここに記載したのは、よくないと思う情シスあるあるです。気持ちわかるのですけど......
情シスあるある 企画編です。

1.基本やらない
2.上からの無茶ぶりにしぶしぶ対応するが、極力引き延ばす
3.「専門家ではないので」と言い訳してベンダーに丸投げ
4.主担当になりたくないから発案しない
5.業務を知らないから企画できない、 システムを知らないから企画できない
6.老朽化したシステムの再構築の場合「現行踏襲」と言いがち
7.現場の困っている意見を聞いても主体的に動かない
8.聞いてきた要件をそのままベンダーに伝え「松竹梅で見積して」と訳分からないことを言う
9.がんばって積極的に提案をしても、上からネガティブな意見を徹底的に言われ心が折れる
10.以前却下された提案でも、さらに上の人から指示があると何事もなかったように企画が決裁される

発注者の企画がグダグダだと、ベンダーは困ってしまい、デスマ化してしまいます。なんとか当事者意識を持ってもらいたいと思っていますが、なかなかうまくいきません。システムの理解のない会社だとこの「あるある」、少し当てはまる部分あるのではと思います。とは言え、システムに理解のある会社に変わるなんてことは期待できませんよね。システムに理解が無い環境でも、情シスが前向きにシステムを企画するにはどうすればいいのでしょうか......


他の情シスメンバーが担当している場合、社内SEの立場の私は支援に回ります。明らかに手を抜いて、右から左で済ませようとしている時には、あえて質問します。本当にわからない点も質問しますが、念のための質問や、ここまで確認できでいるかの質問、自分は分かっているがその場の人達に認識させる質問など。情シスの担当もなんだか分かった気になり、自分なりに考え始めたら褒めまくる。「たしかにそうですね!」とか「なるほど、そのあたりも考慮が必要ですね」など。自分の意見を言わずに、相手に意見を言わせる事ができれば一歩前進です。それでも逃げる人はいますけれど、やらないよりはマシだと信じています。

後ろ向きな情シスに所属して、自分が企画する場合はどうすればいいでしょうか。私は企画自体を楽しむことにしています。自分が納得し、書きたいように書きます。社外のセミナーに積極的に参加し情報収集するのも楽しいです。自分が担当したい部分を明確にして、やりたくない事は他のメンバーが担当するように書きます。上司を最終責任者に据えた体制図を勝手に作ります。申請が通ろうが、却下されようが別に構いません。自分の言葉で企画したというのが財産になります。他の人が適当に企画して「あとよろしく」的な感じて無茶振りされて後始末するよりはマシじゃないですか?

システムを企画して申請すると、後ろ向きな会社の場合、これでもかというくらいネガティブな指摘がきます。どんな結果だろうと、行動した自分を褒めてくださいね。心が折れそうになったら、別の事をして気を紛らわしてください。落ちいてから、次の企画の時にネガティブな指摘への対策を考えればいいだけです。システムって時代が変われば結論も変わるかもしれませんし、決裁者も変わるかもしれません。昔、クラウドって言葉がない時代、社外サービスと連携するシステム企画をした際に、散々指摘を喰らいました。セキュリティやレスポンス、あれやこれや。一つずつ対策を立ててなんとか承認されました。今はSaas利用の敷居は大分下がってきています。

理不尽で言いたい事も言えない会社、システムの企画書で言いたい事をぶちまけてみてはいかがでしょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する