社内SEの実態を公開

情シスあるある 体制編

»

復職後、システムに関する仕事をハッピーに出来ないか、日々考えています。ベンダー側の議論が盛り上がっているようですが、それだけ問題意識が高いということですね。発注者の中心となりうる情シスにも様々な問題があると思っています。ということで、情シスあるあるをご紹介します。今まで見てきた保守的な情シスをイメージしたものです。流石に全部当てはまる部署はないと信じています。(うちの情シスは結構当てはまりますが......)

情シスあるある 体制編
1.基本的にやる気なし
2.元営業なのに業務のわからない人が上司・主任
3.ベンダーから出向のSEは業務を理解し、身に着けようと思っていない
4.事務職に様々な負担がのしかかっていて疲弊。他部署との事務職間のコミュニケーション網は凄まじく、悪い噂はすぐ広まる
5.元SEの転職組は生贄のようなもの。異動がほとんどなく、定着し、ありとあらゆる厄介毎を背負い込む
6.元SE以外はローテーションで異動するので人が定着しない。異動したら情シスに居たことは黒歴史
7.積極的にならない、なれない、なる気がない
8.次の異動まで何事もないことを祈りながら、時が過ぎるのを待つのみ
9.開発は外注。内製はしないし、できない、する気もない
10.決裁権限がない、経費がほとんど使えない

どうでしょうか?いくつか当てはまること、思い当たることありましたか?

ベンダーからすると、こんな情シスが相手だと大変ですよね。決裁権限がない情シスの上長に取り入ったり、接待するのは空振りに終わることが多いです。無駄に無償でこき使われたりした事ありませんか?思い切って、決裁者との面談のアポイントを取ってもらうと良いかもしれません。アポイント取れないようであれば、その上司はよい提案を持っていっても、社内を説得できないでしょう。

社内SEの転職が人気のようですが、面談で役割や人員構成など、体制面を十分に確認した方が良いです。社内SEの良い点は安定と福利厚生などですが、失うものも必ずあります。システムに理解がない会社は辛いですよ。何が自分にとって最重要項目なのか、もう一度確認してから社内SEになるかどうかを判断したほうがよいです。昔の私のように「システムに長期的にかかわり、ユーザフレンドリーなシステムを作っていきたい」という目的であれば、あまりお勧めできません。会社の方針は変わることがあります。

最後に、現在社内SEの人で、このあるあるに思い当たる節がある場合は、まず無理しない事。敵を作らない事。事務職に好かれる事。余裕が出てきたら、上司をおだててやる気になってもらう事、そんなところでしょうか。

Comment(7)

コメント

ゆう

わたしも昔SIにいて、今は社内SEしてます。
「システムに長期に関わり、ユーザーフレンドリーなシステムを作る」は全然十分出来てますよ。
むしろ過剰サービスではないかと思うくらいに。

社内SEじゃなかった時の方が全然出来ていませんでした。ユーザー目線でないなと思う仕様変更も発注者がそう言って来たら従わざるを得ませんし。発注者にもよりますが。
自分の意見をシステムに反映することはかなり大変でした。
発注が終わって納品したらそれまですから、長期にというのも難しかったです。このところは勤務するSIと発注側との関係しだいかもしれませんが。
色んな意見があった方が良いと思うので、参考まで。

ゆう

いえ。でも会社が情報システムに関心が薄いと大変なのは、よく分かります。
勤務先もあまり理解がある方ではないです笑。
あと、上司が最新技術に興味がなく勉強もしない環境も大変です苦笑

匿名

私は1人情シスです。
私の会社は経営層までシステム理解があるので、仕事はしやすい環境です。
ただ電気で動くもののトラブルは全て私に来ます・・・
監視カメラの設定とか社用携帯(iphone)の設定とか複合機の使い方とか・・・

ただ、嫌がらずに対応しておくと、私が困っている時に快く協力してくれるので
必要な事として日々社内外を走り回っています。

最近自席にいる時間があまりないです・・・

今も店舗でトラブル解決した帰りの電車です

めかぶ

私もほぼ一人情シスです。
記事の一部ともコメントをされてるゆうさん匿名さんのどちらも自分に重なるところがあります。
社内SEという枠がなく社内SEと一人情シスを兼務した事務職なので、ネットワーク設定から複合機やOfficeの説明してまわってバタバタしながら、元SEの事務としてユーザー視点どころかユーザーとしてパッケージを少しでも使いやすくならないか格闘しています。
ユーザーの為になることは直接、自分や目の前で毎日一緒に働く仲間の為になることなので、その点とてもやりがいはありますが、どこまでがこの給料に繋がるんだろうとか、私が作ったツールを覚えてる気さえない人を目の当たりにするとモヤります。。。
上司は皆さんとても理解がある方ばかりでそれは物凄くありがたいですが。
TOMYさんの仰るように会社の方針もいつ変わるともわからないですよね。
胆に銘じておきます。

コメントを投稿する