社内SEの実態を公開

不眠

»

「いいから、さっさと薬を処方してくれ!」
よく海外ドラマや映画などで、精神科医とのありがちな会話です。正直、そんな内面のことまで聞いてアドバイスくれる医者なんているのか?って思います。


私が最初に精神科にかかったのは、社内のキャリアアドバイザーからの紹介です。紹介というよりも強制的に連れて行かれたのですが。


当時、ひどい風邪をひいて咳と鼻水が止まらず、夜も眠れませんでした。もしかすると眠れないので抵抗力が落ちて風邪が治らなかったかもしれません。とにかく眠れないのです。


まず寝付けない、仕事のことを考えてしまいます。明日あれやらなきゃ、これしなきゃ。延々と考えて頭の回転が止まりません。うとうとしたと思ったら、寝ちゃダメと言わんばかりに起きてしまいます。寝たいのですが、体が拒否してしまいます。そして翌朝かなり早い時間に起きだして、仕事を始めていました。そんな状況は数か月続いていました。


ちょうど社内のキャリアアドバイザーなる方と話をする機会があり
「仕事が大変で、夜も眠れず、風邪も治らないんですよ」と言ったら
精神科の先生に電話して、その足で連れていかれました。


自分が精神科にかかるなんて......初めてのことなので物凄い恐怖を感じました。


「こんにちは、眠れないんですか?」

優しそうな先生は特に理由も聞かず、体調面の質問をいくつかしてきました。
ドラマのように私の内面に関する質問があるのでは、と思っていましたが全くありません。ちょっとだけ仕事の話をすると、
「それは大変ですね。どうすればいいでしょうね......」

逆に質問をされてしまいました。まあ、先生も色々なタイプがいるのでしょう。とにかく処方箋をもらって人生初の睡眠導入剤を飲むことになりました。


その夜、薬を飲んだらすっと眠ることが出来ました。眠りは浅く、早朝目が覚めるのは変わりませんでしたが、4~5時間の睡眠は確保することができ、ようやく風邪が治りました。このときは病名なんてものは聞いていません。聞けば何と答えたのでしょうか......


月日が経って休職した初日、「明日は朝起きなくていいんだ!」と体が認識したのか、薬なしで眠ることができるようになりました。そして思うのは、睡眠導入剤って効いたのかな?ビタミン剤を「睡眠薬よ!」って言われて飲んでも寝てしまったかも......


エンジニアの方々もメンタルヘルスで悩んでいる方、多いと聞きます。
過労⇒不眠⇒うつ病と発展していきます。
不眠に悩んでいる方はお医者さんに見てもらうのも一つの選択肢と考えてもいいのではないでしょうか。私の体験が少しでも皆さんのお役にたてば幸いです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する