社内SEの実態を公開

エンジニアライフ再スタート

»

エンジニアライフ10周年おめでとうございます。初期メンバーだった私ですが、多忙・ネタ切れ・モチベーションの低下など、2012年8月の投稿を最後に書くのをやめてしまいました。その間も他の方のコラムを楽しく拝見させて頂きました。つらいときも、悲しいときも、ここのコラムを読んで元気をもらっていました。自分自身の弱さ、理不尽な仕事、体調不良......。ネガティブなことが多かった私の10年です。たまたま目にとめて、読んで下さった方々にちょっとでも元気をあげられるような、まだまだエンジニア辞めないぞ!っと思えるように、失敗談を笑いに変えてコラムを再開したいと思います。私が情シスでいられる時間も残り少ない気がしますので......。


■今まで何をしていたのか
この10年、私は何をしていたのでしょうか?自分自身を見つめなおすつもりで振り返ってみます。


2008年~2010年 システム再構築プロジェクトで泥沼の死闘を繰り広げていた

2011年~2013年 少しだらだらした後、BI関連のプロジェクトを立ち上げて導入

2013年~2016年 大規模のプロジェクト複数掛け持ちさせられ、全責任を押し付けられ疲弊

2016年~2017年 うつ病との診断で休職。3か月後復職するもすべての仕事を失う

2018円~現在  新しい小型案件を中心に社内の相談及び推進役になんとかしがみつく


つらい時期もありましたが、何とか自分の立ち位置を見つけることが出来ました。それにしても一定規模以上の会社という組織は恐ろしくもあり、頼もしくもあり。表裏一体ですね。ここ数年よく考えるのは、人生の幸福とは何か、ということです。仕事なのか、家庭なのか、自分なのか。

■これから何を書いていくのか

勇気を出して6年ぶりにコラムを再スタートさせてみようと思います。

・なぜプロジェクトが揉めたのか
・どうやって休職に至ったのか
・休職中の生活
・復職後の仕事


いつまで続くかわかりませんが、このあたりを中心に書いていこうと思います。
それとRPAです。先日書店にRPA関連の本が平積みになっていて、これはまずいと思いました。なんとなく日本のどこかで「我が社にRPAを導入せよ」という無茶ぶりが行われているのではないかと危惧しています。私の会社は絶賛無茶ぶりな状態です。


私がエンジニアライフのコラムニストに皆様に助けてもらったように、どこかの誰かの助けになればいいなぁ......なんて思って書きます。残り少ないエンジニアライフを使って!

Comment(0)