社内SEの実態を公開

丸投げはアリか?

»

 10月19日(日)、システムアナリストのテストを受けてきました。感触は……いまいち……。わたしは今年で4回目の受験です。……また来年がんばります。アナリストの目的でもある、経営戦略に則った情報化戦略の立案。一般企業、いやいや我が社においてかもしれませんが、どっかから言われたら、渋々実施の計画を立てる感じ……。

 「あんまり金使うんじゃねえよ!」

 というような雰囲気です。

 今日はわたしが担当している複数のシステムの中から3つのシステムについてのお話です。

【基幹システムA】

 基幹の業務を支えているシステムAです。4~5年前に開発されたそうです。今はわたしが面倒を見ています。

 このシステム、ユーザー側の意見は「使い勝手が悪い!」とのこと。相当な額を投資してるのですが、使っているのは全機能の30~40%くらいかなぁ……。たまに改善を目的にヒヤリングしても、

 「へー、そんな機能があったんだ……」とか。

 「本当はこの機能実装してほしいんだけど……」「どうせ無理でしょ……」とかとか。

 操作に関しても浸透しないんですよね。いまだに操作レベルの問い合わせがあるし。要は、機能だけ並べて操作することまで考慮されていないのでしょう。

 ただ、良いところもあります。障害が少ない。ドキュメントがしっかりそろっている(当たり前か)。ベンダの対応も良いです。まあ、それだけ金かかってますからね。

 でも、ベンダへ次のような質問をすると……。

 「なんでこのような仕様なのですか?」

 「最初からの仕様です。そういうご指示でしたから……」

 という感じで迷宮入りになります。結局、使えるようにするのに仕様変更する訳です。

【中規模システムB】

 このシステム、ユーザーの操作性を考慮しまくって、今から10年前に開発されました。ユーザー支持率No.1です。ただ、障害発生率もNo.1ですが……。

 ベンダに障害対応や調査依頼しても、解決まで相当な時間がかかり、迷宮入りの確率もNo.1。暫定対応ばっかりで、10年間なんとか運用をしながら今日まで生き延びています。

 古くなっているので再構築したいのですけど、ベンダの理解度が低くて手がつけられないのです。

わたし 「この画面で××データが△△になっているのですが、なぜですか?」

ベンダ 「確認しますのでしばらくお待ちください」

 ~~~ 数日経過 ~~~

わたし 「先日の件、どうなりましたか?」

ベンダ 「現在確認中です。よろしくお願いします」

 最後の「よろしくお願いします」はどういう意味? やる気あんの? という感じです。

【小規模システムC】

 これは最近、わたしが担当したシステムです。頭から最後まで。既存のシステムを“とある事情”で作り直す必要がありまして。しかも3カ月くらいの短期間で。

 ちょっと忙しい時期だったので、わたしがバーっと要件をまとめてベンダに説明し、開発をしてもらいました。ドキュメントのチェックと受け入れテストを気合いれてやったので、稼働後も障害はほとんどなく現在に至ります。

【丸投げはアリか?】

 かなり回りくどかったですが、システムA、B、Cで情シスの丸投げ度が全然違います。

 システムAは丸投げ度100%。当時の情シスの人々は大雑把だったので、ベンダにヒヤリングさせて、そのまま何もチェックせずに開発させた案件です。だから、言われるがままに開発して、「何でその機能がいるのか」とか「どのように機能を実装するのか」とか、協議する機会があんまりなかったと聞いています。ユーザビリティなんか無視状態です。

 システムBは丸投げ度30%。10年前、ユーザー側担当者に1人、スーパーマンがいたのです。営業出身で業務知識もバリバリ、システムに関する知識もバリバリ。当時SEだったわたしよりも詳しい部分がありました。今でいうコンサルタントなのかな? 今、彼が当時作成した設計コンセプトを見ると、SOA的な発想で描かれています。ただ、当時のベンダの理解が追いつかず、開発時の意思疎通に問題があったというような話を聞かされました。コンセプトと仕様に大きなギャップがあります。

 システムCは丸投げ度10%。本当は、わたしの時間があんまりなかったので、ベンダに投げちゃおうかなぁ……と目論んでいたのですが。初回のユーザーヒヤリングでお互いに歩み寄る姿勢が見えなかったので、全てわたしが仕様を決めて、ベンダには開発させるだけにしました。要件定義の承認をもらって納得してもらったのに、ユーザー側から新規の追加機能を全て拒否したので相当な文句を言われ、ベンダ側は要件以外の機能をなぜか実装してしまい、そこが障害となったりして……。当初の目標は100%達成しているのに、ユーザー、ベンダに恨まれ、いっつも謝ってばっかりの案件でした。わたしはいっつも心の中で……

 「3カ月で開発しなきゃならないんだろ!」

 と叫んでいました。

 丸投げ=情シスにノウハウがたまらない、ということをよく聞きます。その通りだと確かに思います。でも、ベンダ側にノウハウを持ってもらうことも必要だと思います。やり過ぎても駄目だし、任せすぎても駄目だし……さじ加減が難しいです。

 いろんな経験をした結果……丸投げはアリ、なんじゃないかなぁ、と思う今日この頃です。情シスの役割、丸投げ問題って、わたしにとっては永遠のテーマの1つです。ユーザー、情シス、ベンダ共に仲良く歩んでいける割合っていくつなのでしょうか……???

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する