IT技術を詳しく解説し、IT業界の本音を探る。

AI(人工知能)・機械学習の基礎。y=ax+bを求める。

»

サーチマン佐藤です。
こんにちは。

まずは、業務連絡です。

アンドロイド(Android)基礎講習

開講しました。現在オープニング価格です。
お正月休み、よかったら是非、一緒に勉強しましょう。


さて、本題へ。

今日は、機械学習の話をしていきましょう。

先日、「機械学習」の最も基礎的なアルゴリズムは、
「単回帰分析」と言いましたね。

「単回帰分析」では、
「y = ax + b」という式を使います。

使いますが、
「単回帰分析」では、最初から、
aやbが与えられるわけでは、ありません。

与えられているのは、データです。
https://twitter.com/sato_searchman/status/1075284276331958273

このデータから、どうやって、
aやbを導くのか?

それが、単回帰分析ですが、
まあ、わかっちゃいるけど、
データが沢山あると、頭が混乱しますよね。

混乱して、aやbを導けない(苦笑)

それを混乱しないで、
きちんと数学的に導いた人は、
本当に偉いです。天才ですよ。


でもね、我々は素人。

じゃあ、凄く簡単にして、
データが2つだけだったら、
aとbを導けますか?

簡単なようですが、
意外と忘れているかもなので、

頭の体操がてら、
今日は、この演習をやってみましょう。

いきますよ。


【質問】
最高気温と
冷やし中華の売れた個数、
以下の二つのデータがある。

データ1
最高気温(x)25度
売れた個数(y)5個

データ2
最高気温(x)29度
売れた個数(y)25個


上記2つのデータから、
「y = ax + b」を導き、

最高気温(x)28度の
売れる個数(y)を予想してください。

では、一応、
クリックしてみましょうね

売れる個数(y)は、何ですか?
一つクリックしてください。

(クリックは終了しました)

答えがわからない

質問の意味がわからない

16個

18個

20個

22個

24個

そのほか

パッと計算できなかったら、

紙とペンで、考えてくださいね。

機械学習の、最も基礎的な演習です。

次は、この答えを使って、
機械学習の重要な概念、
内挿法(補間法)の話もしていきましょう。

お楽しみに。

ではでは、またお会いしましょう。
ありがとうございました。


●追伸
早くもアプリを作成した人がいます。
やれば、2日でできる。

https://www.searchman.info/moushi/android.html

お正月休み、アプリを作ってみましょう。

アナタのスマホにあれば、
いつでも自慢できますよ。

------------------------------------
サーチマン佐藤のJava

サーチマン佐藤のブログ

サーチマンのTwitter

サーチマンの濃~いメルマガを読みたい場合は、

こちらから登録ください(無料)。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する