『天気晴朗ナレド 波高シ』の海をエンジニアとして、泳ぎ切るためのコラム

人間だもの 松下幸之助氏のお話し

»

花形エンジニアだった頃は、肯定的なチャレンジ精神に溢れたエンジニア程、仕事が集中し、殺人的なスケジュールで疲弊してゆくのは世の常でございます。

忙しいという漢字は「心」が「お亡くなりになる」と書きますね。

そういった、猛者たちを上手く束ねるリーダー的な存在の経営者のひとりが、松下幸之助氏。

(今から書く内容は10年以上前の何かの本で読んだ内容です。かなり曖昧なので、間違えているかもしれません。)

「技術的なことは、全くわからんが、お客様の気持ちは判る。君たち技術者の都合で、お客様に我慢してもらうなんてもってのほかだ!」今の若い方達は知らないでしょうが、当時日の出の勢いのソニーとビデオ機器の熾烈なVHS対ベータという規格戦争があったのです。

たしか、最初はソニーの役員が「この度、ベータ規格のビデオを研究開発して実用のメドが立ちましたので、松下電器さんも、この規格でビデオ機械を開発しませんか?」と。

経営効率を考えて、ソニーの規格の話に乗れば、研究開発の費用も削減できるし、失敗した場合でも最小の損害で済む。こんなに良い話はない。他の国産メーカーはこの話に飛びついたのですが、松下氏は、「あぁ・・・それはそれは、ご苦労さんな事ですな。ここまで仕上げるのにご苦労された事でしょう。」とニコニコ。ソニーの役員は、では具体的に技術提携のお話しを・・・と言いかけたところで、「うちは、うちのやり方、考えでビデオ商品を研究開発します。今日はおおきに。気を付けておかえりを」といって、帰してしまったそうです。

他の規格に飛びつくのは、簡単だが、それでは弊社のエンジニアが育たない。折角のチャンスを他社に譲ってしまっては、松下はソニーの後塵を拝する会社になってしまう。苦労するだろうが、エンジニアを育てることが10年先の松下の為になるんやで。

   ◇  ◇  ◇

松下幸之助氏は「リーダーの条件を3つあげてください」と聞かれてこう答えます。

1番目は「愛嬌」、2番目は「運が強そうな雰囲気」3番目「後姿」と仰っています。「愛嬌」とは、憎めない人柄、松下のエンジニア達は、早く市場に出したいからと、頑張って試作品を作るわけです。そうして、課長→部長→と進んで、最終段階は松下幸之助氏が使ってみて、OKが出ないと商品として出荷すら出来ない。

残業や休日出勤をして、クタクタのエンジニアに「ここが使いずらい」「これはダメ」とダメ出しをする。

松下氏は松下電器の製品は、わが子も同然という気持ちでしたのでしょうね。(いやはや、頭が下がります。商品の検査を偽装する会社も散見するようですが、松下氏がお聞きになったら、何と仰ることか・・・)

松下のエンジニア達はガックリと肩を落としてしまいます。ようやく、製品化できるか・・・という段階でのダメ出しです。でも、凄いと思うのは「うちのオヤジの言う事だから仕方ねぇや、もう一丁、工夫してみるか!」と図面から見直して、指摘された以上の「不便さ」をそぎ落としてくる。オヤジさんの言う事だから間違いない、オヤジさんが「ええのんとちがうか」というその一言をもらうまで頑張る、という絶望しない、何とかなるという社風があの時代~今のパナソニックをも強くしているのだと思う。

3番目の「後姿」、松下電器がまだ電球を作っていた頃、当時の白熱球の電灯は良く売れた。戦後の日本は急速に電化製品を生活に取り入れる余裕が出来た。そうすると、物価が上がって、電球の卸値を上げなければならない状況になった。松下の役員や部長クラスが街の電気屋さんの代表に、来月から値段を上げますと報告する。「あ、そうですか・・・」と言われるだろうとタカを括っていたのだろう。

電気屋さんからは、「ふざけるな!そんな事をすると松下の電球は売れなくなる!今までの値段で供給しろ!」と叱られる始末。

そこで、全国の専売契約している電気屋さんの代表を、温泉旅館に集めて、説明会を開かなくればならない程の問題になった。役員たちは頭を抱えて、どうやって説得しよう・・ひょっとしたら松下の契約を解消されてしまうのでは・・・と腫れ物に触る様にしていつ中、全員が集まった中で、社長のご挨拶。

いきなり、こう始める

「皆さん、本日はお忙しい中、わざわざお越しいただいて申し訳ありません。本来なら、社長の私がお店に出向いて、一軒一軒頭を下げてお願いすべきところ、お集まりいただいて申し訳ありません。社長の私のチカラ不足で、値上げをお願いしないといけなくなりました。

このままでは、社員に給料が払えなくなって、会社が倒産してしまいます。どうか、皆さん、この私に愛想つかして、契約を解消しても、決して恨みません。ですが、皆さん、私を信じてくださるならどうか、私を助けてください。」と頭を下げた。

メーカーと販売店、力関係は明らかにメーカーが強い。電気屋さんも、上から「値上げする」と言われると思って、対決姿勢だったが、松下幸之助氏は、ペコリと頭を下げた。

集まった、闘志満々の街の電気屋さん達、大会社の社長が土下座している姿を見て、恐縮するやら、同乗して「松下さん、そんな水臭い!」と泣き出すやら。

「そうか、松下さんもしんどかったんやな、うちらみたいな小さい電気屋のことを、そないに大事にしてくれるなんて、今度は、うちらが松下さんに恩返しする番や!」と険悪だった会場の雰囲気は一転した。

「あんた、もう少し値上げしてもかましまへんでっ!」

「うちは、他の会社とも契約しとるけど、もう、あんたのとこ一社に契約絞るわ」

と電気屋さんのネットワーク出来上がる、扱い量が増える、どんどん、良い方へ転がり出した。

多くを語らない、虚勢を張らない、後ろ姿で全てを語る。

なんとも、凄い人物なのですね。

最後に、松下幸之助氏はこう言っています。

経営ろいうと、団体や会社だと思われるかもしれません。国家も経営と言えます。ですが、家庭や個人も経営するという考え方は同じだと思うのです。

う~ん、私は、今まで良い経営者だったのだろうか・・・

Comment(2)

コメント

7743

そんな、戦前の話と昭和の時代を混ぜて、今現在に語られてもねぇ…

ななころび

コメントありがとうございます。
戦前と昭和は遠い昔・・・というご意見なのですね。
なるほど。
人間の本質は、平成であろうが、次の元号であろうが
そんなに変わらないのではないか?と私は思うのです。
そう思う事自体、時代遅れで、老人の妄言かもしれませんが・・・。
意見を交換し合う事は有意義です。
意見の多様性は否定致しませんし、勉強になります。
よろしくお願いします。

コメントを投稿する