キャリア20年超。ずっとプログラマで生き延びている女のコラム。

30年間と30年後

»

 「30過ぎるとびっくりするほど体力が落ちる」とか、「40過ぎるとちょっとしたことで具合を悪くする」とかよく聞くんですけど、わたしの場合は、年を経るごとに体調がよくなっている気がします。
 今、52歳ですけど、わたし史上、一番体調がいい感じです。
 だけど、よくよく考えてみたら、わたしの人生で一番、身体的に状態が悪かったのは20代の頃だったので、それを基準にしてる時点でハードル低すぎだよな。

 わたしはプログラマとしての能力的にも、「年齢のせいで衰えた」と感じたことがないんですよ。
 30の時にできて、52になった今、できなくなったことが思い当たらない。
 毎年、少しづつできることが増えてる。
 もしかしたら、実感できてないところでいろいろと能力が落ちているのかもしれませんが、気づいてないってことはそれをカバーする能力をどこかで手に入れてるんですよ、きっと。
 コードを書き続けてさえいれば、考えることをやめなければ、変化はしても劣化はしないんじゃないかな、って思っています。

 わたしは流れをつくったりリードしたりするような「すごいプログラマ」にはなれなかったし、多分これからもなれないと思います。だいたいそこを目指したことがないし。
 わたしはただ「自分の稼ぎで喰っていけるプログラマ」であり続けることを願って、流れに置き去りにされてしまわないように、疲れておぼれてしまわないように、自分なりに考えて動いてきましたし、今のところはそれでうまくいっています。
 コードだけ書いていたいとかわがまま言ってるとそのうち喰えなくなるよ、とずっと言われ続けてきて、いつかはそうなるかもしれないけど、とにかく30年ちょいはもちました。
 「いつかそうなるかも」は常につきまとうけれど、どんな職業を選んでも、どんなルートを選んでも、そういった不安がなくなることはないと思うんですよ。
 だったら、自分が好きだと思う仕事をやれるとこまで続けてみた方が楽しいじゃないですか。

 いまだに「女は仕事ができないからやめろ」とか「40を過ぎたプログラマは老害だからやめろ」とか言う声が陰に日向に届くんですが、今のわたしにプラス30して82歳のおばあちゃんプログラマになればそんなことを言う人はいなくなるらしい、ということが最近になってわかったので、あと30年がんばってみようかな、とも思います。
 だけど、ここまで30年ちょいがんばってきて、さらに30年か......そう考えるとまだ折り返し地点じゃないか。まだ先は長いな。
 ていうか、30年後にプログラミングってどんなことになってるんでしょうね。見当もつきません。

 そんなこんなで、あいかわらずプログラマをやってます。
 平成が始まった日にプログラマやってたんですけど、平成が終わる日もプログラマをやってると思います。

Comment(14)

コメント

がう

私は53
でもバリバリ設計もコードも書いてます

私は54歳。まだプログラム書いています。いつも更新楽しみにしています。同世代のプログラマがいることに勇気づけられます。

こー

すばらしい。素敵ですね。
私は47になりますが、
集中力って低下するよねとか
自覚することもあるようなですが、
まだプログラマとして食えればと願います。

真っ赤なレモン

様々な生き方や、様々な価値観を認めることも、ダイバーシティだと考えています。
日本はまだまだ、そのあたりが寛容でないように感じます。
周囲が価値観の多様性を認めるようになるために、
マイノリティであっても真っ当な主張を、続けていきたいと思います。

むうみん

何年やっても仕事ができません、おちこぼれかな。
でも一日中コード書いていたい気持ちもあります。

沼津の自称サーファー

読みました
私もそう思います
いいシステムを作りたい気持ちがあれば、いいんじゃないかと
ちなみに55歳です

未熟なプログラマー

初めまして、
僕も一応、プログラマーのはしくれでは
ありますが使い易いシステムと作りたいとゆう気持ちがあれば素敵だと思います。

仲澤@失業者

じじいプログラマです(還暦目前)。

20代の頃のコードが手元にありますが(BASICは印刷物のみ、Cのコードはファイル)、
まぁあまりほめらたものではありません。
ちょっとほほえましい感じでしょうか。
80歳になれたら今書いてるC++やSwiftのコードを見て同じことを思うのかもしれませんね。
あたりまえですが、いつの時点であっても、知識、効率、能力、美しさの全ての点で昔よりその時点の方が勝ってます。

ところでふと振り返ると、今使ってる16GByteメモリーのPCは
20代の頃使っていたDOSパソコン16000台分にあたります。
う~む、いい時代に生まれました。

ハヤテ

ご無沙汰しています。

福岡でSEをしています。今の現場ではバッチ処理のテスト設計書を書いて、今月からテスト実施メンバになりました。
JavaのコードをGitからクローンして中身を見て触手が湧いたときは自分はこの仕事に向いているのだな、と思いした。

自分は39歳ですが、20代より劣ったという感じがしません。
さすがに毎日0時まで、はきついですが。。。そこまでやる必要は今ないので。

なんか、まだまだいける、って感じがします。

fuku0185

素晴らしいキャリアですね。
「すぐに役に立つことは、すぐに役に立たなくなる。」という言葉がありますが、
おそらく技術や学びの本質的な部分をしっかりと見に付けておられるのだと思います。

あと30年、プログラムを書きましょうよ。
それこそ「COBOLの母」であるグレース・ホッパーさんは
85歳で亡くなりましたが晩年はDECで顧問をされていたそうですよ。

ミィミィ

私54歳。プログラマやないけど、現役ITエンジニアで。ただいま、ITアナリストまでになりましたわ。(笑)フリーでやってますから、仕事は、きれないですね。30数年は足し算人生。これからの(^。^)30年も変わらず足し算でなにかやってるかも〜〜。

ひでみ

こんばんわです。ひでみです。


たくさんのコメントありがとうございます。
なんかもう「50オーバープログラマの会」がつくれそうな勢いですね。
同年代の方や先輩方からこうやって声をかけていただけると、本当に心強いです。
リアルでそういう方になかなかお会いできないので。


たまに「プログラマなんて長く続けられる仕事じゃない」と若い方がおっしゃってて、本当にヘコみます。
私は「続けろ!」と言いたいわけではなく、「続けるという選択肢はある」と伝えたいのです。
そんなわけなのでこれからも似たようなこと書くかもしれませんが、その時は「この人よく飽きないな」と笑って見逃していただければ幸いです。

elcaminoreal255

皆さんと同じです。まだもう少し40代ですが。

68歳プログラマです。
『プログラマとしての能力的にも、年齢のせいで衰えた」と感じたことがない』
これ、同感です。

「コードを書くのが好き」とアピールしながら続けています。
70歳プログラマが視野に入ってきました。
60歳のころは年齢をマイナス要因と感じましたが、最近は「特技」のひとつとしています。
技術面の勉強は当然ですが、「年寄り」に見えないよう、見た目、ファッションには気をつけます。

コメントを投稿する