海外経験なしで通訳案内士!ガジェット活用による英語学習法!

「英語で『仕事を』する」フェーズ(その10)Apple TVを活用する

»

 今回は、「英語で『仕事を』する」フェーズ(その10)として、Apple TVを取り上げます。例によって、記事で「仕事」とあるところは「仕事または趣味」と思ってお読みください。

■Apple TVとは

 Apple TVは、名前にTVとある通り、テレビに接続して使用するガジェットです。HDMIケーブルと電源ケーブルを接続し、無線LANの設定をするだけで楽しめる、設定が非常に簡単な機器です。大きさは高さ23mm×幅98mm×奥行き98mmと、非常にコンパクトです。

 インターネットを通じ、映画、スポーツ、ニュースなどの映像、インターネットラジオなど、様々なチャンネルが用意されています。YouTubeの動画を観ることもできます。Apple TV自体でPodcastを再生できるので、とくにビデオPodcastを観るのに便利です。

iOS機器とはAirPlayで接続し、画面をミラーリングしたり、2つめの大きな画面としたりして利用することができます。

 さらに、個人的にはあまり使っていませんが、iTunesの音楽や動画をテレビにストリーミングしたり、Macの画面をテレビにミラーリングすることも可能です。

■仕事に活かすコンテンツ

 Apple TVだけで、チャンネルやPodcastを楽しめます。映画の予告編(trailer)を観て、面白そうな映画を探し、その映画をレンタルすることも可能です。

 こうしたことは、ちょっとした手間を減らすだけなのですが、実際に使ってみると非常に快適です。本コラムを継続的に読んでいただいている方はお気づきだと思いますが、これは行動科学マネジメントの観点からは重要なポイントです。目的とする行動に取りかかるときの障害が緩和され、取り組みやすくなります。

■iOS機器をリモコンとして使うRemoteアプリ

Img_0864a_2

 Apple TVのリモコンはApple Remoteで、Appleらしいシンプルな作りです。これはこれで使いやすいのですが、検索の文字入力が非常に煩雑です。さらに、日本語変換機能がないので、PodcastやYouTubeでコンテンツを探すのが困難であったり、できなかったりします。

 そこで是非とも入手したいアプリがRemoteです。

 RemoteアプリによってiOS機器がApple Remoteの代わりになるので、Apple TVの機能をフルに活用することができます。

 さらには、iTunesのリモコンとしても使用できます。筆者の環境(Mac OS X 10.9.5、iTunes 11.4)では、ファイル>ホームシェアリング>ホームシェアリングを入にするとすると、Remoteアプリの接続先にiTunesライブラリが現れます。


 以上、見てきましたように、Apple TV、Remoteアプリ、そしてiTunesを組み合わせることにより、様々なコンテンツを手軽に利用できるようになります。これにより、目的とする行動に着手しやすくなります。

(余談)現行モデルと大きく異なっていた第1世代のApple TV

 Apple TVの発表は2006年9月ですから、iPhoneの発売と同じ年です。第1世代のApple TVは、当時のAirMacベースステーションと似た筐体にハードディスクを備えており、第2世代以降とは機能だけでなく見た目にもまったく製品でした。写真は、Wikipedia Commonsの画像をご覧ください。

 2010年に発売された第2世代は、第1世代から大きく変わり、ハードディスクは撤廃され、機能は大幅に増強されました。第3世代では、画質とCPUが強化されています。

 筆者が購入したのは2011年1月で、第2世代が日本で発売されてから2カ月後です。ある委員会でご一緒した方がApple TVを非常に気に入っておられ、その熱弁を伺って購入しました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する