地方エンジニアが感じる地方・中小企業での悩み

自分のためにも他人を認める

»

 何かに興味をもち、もくもくと取り組んでいるときというのは、周りからどう見られようと気にせずにやり続けることができたりします。しかし、あるタイミングを過ぎると、モチベーションが低下し続けていたことも続けられなくなってしまう事はないでしょうか。気になった技術を見つけ SNS や Blog で色々と話をし続けていても、何も反応を得られなかったりすると、その熱意もどうしても冷めていくものです。

 仕事においても似たような事があり、自分の中では頑張っていると感じていても、そのように周りは見てくれていないといったことは、よくある話として誰しも感じたことはあるのではないでしょうか。

 私も色々な事に興味を持ち、自分で調べてまとめたりしているものは多いのですが、もともとがニッチな領域を好むという事もあり、非常に周囲から反応をもらえることは稀な状態です。仕事においても、ここ最近はおひとり様案件ということもあり、社内にいても一人だけで作業し続けているので、非常に波が激しい状態を維持してしまっています。結構長い間追い続けていた WF という技術も、あまりの反応の無さから続けていることに疑問を覚えてしまう事もありました。

 このような状態に陥らないために必要なのは、何かしらの承認とでもいうべき、他人に知ってもらえる、認めてもらえることが必要です。俗にいう承認欲求ですが、多くの人は意識していないだけで、他人からの承認を求めているところはあります。

 いくら好きな事とはいえ、一人で続けることは非常に苦しいものです。一種の悟りをひらけるような人でなければ、いつまでも一人でやり続けることはそうそうできるものではありません。そのような時に、誰かから気にかけてもらえる、誰かに認めてもらえると、それだけで更に続けることができるモチベーションを得ることができます。一人で好きな事をやっていく、言葉では簡単ですが実際に行い続けるのは非常に難しいことなのだと思います。

 こういった事を考えると、他人に対しても何かしらの承認を行うことは、良い影響を与えるためにも必要な行為だと思えます。自分が認められると次へつながるモチベーションを得られるように、認められた相手も同様にモチベーションが高まるのは間違いありません。個々の活動においても、仕事においても、結果をよりよくするためにも相手を認めるような言葉や態度をとるのは、とても効果的です。

 自分のことを見てくれている人がいる事がわかるだけでも、ものすごく効果は大きいです。たったそれだけと思われるかもしれませんが、思っているよりも物凄くモチベーションに影響するのです。そしてモチベーションを得た人は、さらに意欲的に取り組むことができるようになり、それを認めてもらえるとさらによい姿勢で取り組むことができるようなるという、素晴らしいスパイラルに突入できます。このような良い連鎖を続けることができると、私事だけではなく仕事においても良い結果を生み出せるようになります。

 このように考えると、自分を認めてもらう事も大事ですが、同じくらい相手を認めることも大事だと思えます。そうすることで、自分も認められるようになる可能性が高まるのは十分にあり得ることです。日頃から相手のことを気に留めるようにすると、相手も自分のことを気に留めるようになることもあり得ます。それはとても良い連鎖を生み出すことにつながるのではないでしょうか。

 一人だけで何かを続けることは、大変難しい事です。単に何かが好きだという気持ちだけでは、続けられるような人の方が希少です。私も含め多くの人は、誰かしらに認められる、知ってもらえなければ続けることもできません。惰性で物事に取り組んでは、良い結果につながることはありません。そうならないためにも、誰かを認めることが最終的に自分にもつながるかもと考えると、とても有益な事なのだと私は考えます。

 今何かをやっていて、気持ちが今一つあがらないと感じるのであれば、少し立ち止まって他の同じような誰かを認めることが、その次は自分に返ってくるかもしれません。そうすることで、自分も他人も、良い結果へと進むことができやすくなるのではないでしょうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する