いろいろな仕事を渡り歩き、今はインフラ系エンジニアをやっている。いろんな業種からの視点も交えてコラムを綴らせていただきます。

シェル芸人たち -- 現代に蘇ったサムライ --

»

刀をシェルに持ち替えたサムライたち

 みなさんは「シェル芸」という言葉を聞いたことがあるだろうか。シェル芸とは、シェルのコマンドを駆使して、要求された演算処理をワンライナーで瞬時に処理する技術体系の総称である。現在、幾つかの流派のようなものがあるようだ。この「シェル芸」を使うIT技術者は「シェル芸人」と呼ばれている。

 「シェル芸人」という一見コミカルな呼称だが、一節によると、コマンドラインだけで物理的にサーバを破壊することすら可能らしい。Twitterの140文字制限でバイナリを直書きしてコミュニケーションんを取ったり、即興で暗号化の解析をして遊ぶ等、一般的な常識を逸脱した技術力を誇る。

 Unix系のツールさえ使えればどんなところでも己の技術を発揮できる。己の技を極限に研ぎ澄まし、いかなる困難にも立ち向かっていく。信じるものは、ツールの性能ではなく、あくまで鍛え上げた自分自身。シェル芸人とは、まさに現代に蘇った、Unixを使うサムライだ。

 シェル芸人たちには、現代人が忘れてしまった「魂」が今も息づいている。かつてのサムライ達が剣の道を追い求めたように、彼らはコマンドラインという一本の道を、ただ黙々と追求し続ける。彼らは、刀をシェルに持ち替えた現代のサムライだ。

私達が受け継ぐことを忘れた魂がそこにあった

 二ヶ月に一度、シェル芸人たちは普段から鍛え上げた技を確かめるために「シェル芸勉強会」を開き、東京、大阪(サテライト)、福岡(サテライト)に集う。通常、IT勉強会といえばお昼から夕方18:00までということが多いが、かれらは朝から集う。そして、朝の部で発表を行い、昼から実践の部を行う。

 シェル芸人たちは、己を鍛えるだけでなく優しさを忘れていない。実践の部では、グループ分けをするのだが、数々の修羅場をくぐり抜けた練達と、駆け出しの者とをバランスよく組ませる。出題される過酷なミッション (問題) に対して、共に助け合い挑んでいくのだ。

 このミッションの難易度がちょっとおかしい。単体のコマンドに対する知識が並大抵ではない。しかも彼らは、それらの知識を巧みに組み合わせ、凄まじい発想力をいかんなく発揮する。これは単なる知識では太刀打ちができない。シェル芸人たちは実践を通じて身につけた考える力、知恵を駆使して問題に臨んでいる。その姿勢には感服せざるを得ない。

 彼らの強さは、ただの技術力だけではない。己を鍛え上げる過程で学んだ魂の強さだ。困難なミッションに挫けない精神的な強さ。お互いを支え合う優しさ。あらゆる発想を駆使する柔軟さ。未熟な者を見捨てない寛容さ。シェル芸を学ぶことで、私達の忘れてしまった魂を呼び戻せるのかもしれない。

技術に真摯に向き合うということ

 彼らに課せられるミッション (勉強会で出題される問題) は過酷だ。私もコマンドラインツールの扱いには多少の覚えはあったので、「シェル芸勉強会」に挑んだことがある。初回参加時には十題中一問も手が出なかった。IT系の勉強会でこんなにも打ちのめされたのは、後にも先にもこの「シェル芸勉強会」以外にない。

 それでいて、今もなお私はシェル芸というのに魅せられ続けている。シェル芸は打ちのめされてからが本番だ。シェル芸人たちはそのことを知っている。それ故か、お互いにマサカリを投げるような野蛮なことはしない。彼らが投げかけるのは、マサカリではなく問題提起だ。

 未だに私は彼らに追いつけない。そして、些細なことでマサカリを投げあう自分の器の小ささを知った。シェル芸人たちに巡りあうことで、僅かばかりかもしれないが、自分を変えられた気がする。プロジェクトで多少評価されようと、舞い上がることがなくなり、冷静に事故を見つめることができるようになった。おかげで、己を見失わずに済んでいる。

 エンジニアとして技術に真摯に向き合う事は大事だ。結果や成果にばかり目がいって、考えることがおろそかになっていないだろうか。目新しいものばかり追い求めて、本質が抜けていないだろうか。私がシェル芸勉強会で学んだのは、単なるコマンドラインの操作だけではない。エンジニアとしてどうあるかという、アイデンティティーを学んだ。

君も現代に生きるサムライになりたくないか

 人が生きるとはどういうことだろうか。これから人工知能が発達していけば、やがてそういうことが問われるようになっていくだろう。どんなに人工知能が発達しようと、はっきり言えることがある。魂は人にしか持てない。

 世の中が平和になったので、かつてのサムライたちは刀を持たなくなった。同じように、人工知能が発達すれば、シェル芸人たちはコマンドを叩く必要がなくなるのかもしれない。だが、人として生きる以上、何らかの困難に立ち向かい続けるだろう。そして、その時代にふさわしい何かを手に挑み続けるだろう。

 何かに挑み続けること。これこそが人が人として生きている証だと思う。どんなに人工知能が発達しようと、これは変わることがない。多くのお金を得るにしても、素敵な異性の心を射止めるにしても、何かに挑むことは避けられない。挑んだ末に成し遂げてこそ、お金や異性が輝いて見えるものだ。

 12月も終わりだ。そろそろお正月の休みに何をするか気になる頃だろう。人生に与えられた時間は思うより短い。仕事以外に自由に使える時間は更に少ない。そんな与えられた貴重な時間に、己を見つめてはみないか。

-- Software Design 2017年1月号 --
第1特集
[新春bash書き初め]シェル30本ノック問題を解いて基本&応用力を鍛える
2016年12月17日発売。B5判/184ページ 定価(本体1,220円+税)

たかがシェルと思うなかれ。シェル芸人の魂を感じろ。そして、己の技術力で挑め。そして君もこの本を手に、現代を駆け抜けるサムライになろう。

Comment(1)

コメント

余計なお世話

:s/一脱/逸脱/

コメントを投稿する